TOP

住民避難「被ばく前提だ」~泉田知事が田中委員長と初面会

投稿者: ourplanet 投稿日時: 月, 08/24/2015 - 10:37
Get the latest Flash Player to see this video.

全国知事会の危機管理・防災特別委員長を務める泉田裕彦新潟県知事は24日、原子力規制委員会の田中俊一委員長と初めて面会し、原発事故の際に、緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム(SPEEDI)を活用できるようにすることなどを要望した。 原子力規制委員会は、今年4月に原子力災害対策指針を改定し、原発事故時の住民の避難対策は、SPEEDIではなく、モニタリングポストの実測値を使用する方針を定め、原発の立地自治体から反発の声が上がっていた。
 
面会で泉田知事は、モニタリングポストの実測値で、住民の避難対策をとることについて、「被ばくを前提に避難指示を出すことで、住民の理解は得られない」と批判。田中委員長は「SPEEDIは絶対値で評価できず、いろんな混乱の元になる」と答え、方針は変えないことを示した。
 
また、原子力災害対策指針で、甲状腺の被ばくを抑える安定ヨウ素剤の事前配布の対象が、原発から5km圏内の住民とされていることについて、泉田知事は「被ばくしてからヨウ素剤を服用すべきというメッセージだ」と、避難の必要の可能性がある住民全てに、事前に配布するように指針を改定することを求めた。田中委員長は、「指針は基本的な考えで縛っていない。知事の方で検討して適切にやって欲しい」と回答したが、泉田知事は、指針に入っていなければ、予算が全て自治体負担となり、対応できないと説明。指針の改定を強く求めた。
 
面談後の会見で、泉田知事は、田中委員長の印象について「住民目線の話が伝わってこなかった。住民の生命、健康を守るという観点でやっていただきたい」と述べた。
 
◎議事録速報版
http://www.pref.niigata.lg.jp/genshiryoku/1356821680767.html

関連動画
泉田知事、東電社長に不快感〜原発再稼働めぐり(2013年7月5日配信)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1614
「住民守る気あるのか」新潟県知事、原子力規制委を批判(2013年4月22日配信)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1576
 
【OurPlanetTV番組制作支援のお願い】
この番組は会員のみなさまからの会費や、視聴者のみなさまからの寄付・カンパを基金に制作しています。より多様な視点から情報発信ができるよう、ぜひ制作費のご支援をお願いいたします。詳しくはこちらをご覧ください。





【会員として継続的なご支援をお願いします】
OurPlanet-TVは独立性を重視した運営をしています。活動に関わる費用はすべて、応援してくださる個人の寄付や活動に賛同する会員からの会費によって支えられています。継続的にサポートしていただける方はぜひ賛助会員にご登録ください。詳しくはこちらをご覧ください。