TOP

米原子力艦R・レーガン、横須賀入港~住民ら海上で抗議

投稿者: ourplanet 投稿日時: 木, 10/01/2015 - 08:35
Get the latest Flash Player to see this video.

アメリカ海軍の原子力空母ロナルド・レーガンが1日、横須賀市のアメリカ海軍横須賀港に入港し、同基地に配備された。2008年から今年5月まで配備されていたジョージ・ワシントンの後継艦船。集団的自衛権行使を求めた安保関連法が30日に交付された直後の入港に、原子力空母の配備に反対する市民らが抗議行動を行った。
 
ロナルド・レーガンは2003年から就役している原子力空母で、加圧水型の原子炉を2基搭載している。2011年3月の東日本大震災の際には、他の7隻の艦船とともに、災害支援「トモダチ作戦」に従事した。一方、震災当時の乗組員が福島第一原発事故で影響を受けたとして、東京電力などを相手取り米国内で提訴している。 
 
ロナルド・レーガンが入港したのは、午前8時半ごろ。原子力空母の配備に反対する「ヨコスカ平和船団」のメンバーら約20人が、3隻の船に乗り込み抗議行動を行った。船の操縦した市川平さんは、横須賀市在住で基地から5キロ圏内で暮らしている。「危険なものが生活の場に配備され強い憤りがある。観光として軍艦を見るのではなく、戦争をやるための武器として見て欲しい」と訴えた。
 
基地から約13キロの三浦市在住の渡邉梨花さんは、全長333メートルのロナルド・レーガンに身震いしたという。「人殺しの道具であると同時に、事故が起きれば、原発と同じくみんな被ばくしてしまう。人の命をないがしろにするもの」と不安をあらわにした。
 
ロナルド・レーガンが搭載している原子炉は、福島第一原子力発電所に近い規模の138万キロワットの熱出力とみられる。しかし、原子力発電所が受けるような、原子力規制委員会による規制は全く受けておらず、また事故発生時の対策もほとんどなされていない。
 
福島第一原発事故を受け、原子力規制委員会は、原子力災害指針を定め、原発で重大事故が起きた場合、半径5キロ圏内はただちに避難と規定。さらに30キロ圏内も「UPZ(緊急時防護措置準備区域)」と定められ、避難計画などを定めるよう変更された。しかし、原子力艦については、福島原発事故より以前に、国の中央防災会議が策定した「災害対策マニュアル」に基づき、毎時100マイクロシーベルトの放射線量を検知したら、半径1キロ圏内から避難すると定めているだけで、基準に大きな差が生じてる。
 

  
【YouTube】米原子力艦R・レーガン、横須賀入港~住民ら海上で抗議
https://www.youtube.com/watch?v=hNqeRXq7LmE
関連サイト
ヨコスカ平和船団
http://homepage1.nifty.com/heiwasendan/
関連動画
トモダチ作戦2名が死亡~東電訴訟、本格弁論へ(2014年12月4日)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1863
 
【OurPlanetTV番組制作支援のお願い】
この番組は会員のみなさまからの会費や、視聴者のみなさまからの寄付・カンパを基金に制作しています。より多様な視点から情報発信ができるよう、ぜひ制作費のご支援をお願いいたします。詳しくはこちらをご覧ください。





【会員として継続的なご支援をお願いします】
OurPlanet-TVは独立性を重視した運営をしています。活動に関わる費用はすべて、応援してくださる個人の寄付や活動に賛同する会員からの会費によって支えられています。継続的にサポートしていただける方はぜひ賛助会員にご登録ください。詳しくはこちらをご覧ください。