TOP

東京五輪エンブレム、「組市松紋」のA案に決定

投稿者: ourplanet 投稿日時: 金, 04/22/2016 - 02:38


 
2020年東京オリンピック・パラリンピック大会組織委員会は25日、東京五輪で使用するエンブレムについて、4案の中から藍色の市松模様で「組市松紋(くみいちまつもん)」のA案を選び発表した。制作したのは東京在住のアーティストの野老朝雄さんで、「長く時間をかけて作成した、わが子のような作品です。いろいろな形で広がって、繋がっていくことを考えています」と語った。
 
新エンブレム

 
A. 組市松紋(くみいちまつもん)
歴史的に世界中で愛され、日本では江戸時代に「市松模様(いちまつもよう)」として広まったチェッカーデザインを、日本の伝統色である藍色で、粋な日本らしさを描いた。形の異なる3種類の四角形を組み合わせ、国や文化・思想などの違いを示す。違いはあってもそれらを超えてつながり合うデザインに、「多様性と調和」のメッセージを込め、オリンピック・パラリンピックが多様性を認め合い、つながる世界を目指す場であることを表した。
 

東京五輪エンブレム決定記者会見
 
関連記事、動画
野宿者のテントを強制撤去~新国立競技場建設(2016年4月16日)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/2044
東京五輪エンブレム 最終候補4作品発表(2016年4月8日)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/2043
野宿者排除に抗議会見~新国立競技場建設問題(2016年3月30日)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/2041
五輪に向けホームレス強制排除へ〜新国立競技場建設問題(2016年3月24日)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/2039
「飲料水なし」生活強いられる住民~新国立建設で立ち退き(2016年2月3日)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/2024
隈研吾氏反論、「ザハ案とは全く違うデザイン」~新国立競技場(2016年1月15日)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/2016
新国立競技場、隈研吾さんらの案に決定(2015年12月22日)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/2010
安藤忠雄氏「こんな大きなもの作ったことない」〜新国立設計問題(2015年7月15日)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1943
新国立競技場、総工費不明なまま見切り発車(2015年7月7日)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1937
「来年1月強制移転」国立隣接アパート住民、計画見直し都に要望(2015年6月22日)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1930
国立競技場の取り壊しが本格化(2015年3月5日)
http://www.ourplanet-tv.org?q=node/1893
国立競技場、「解体工事に強く抗議」市民が会見(2014年9月16日)
http://www.ourplanet-tv.org?q=node/1834
「五輪返上」訴え、渋谷で抗議~開催決定から1年(2014年9月7日)
http://www.ourplanet-tv.org?q=node/1828
「追い出さないで」国立競技場の隣接アパート住民が都に要望(2014年8月1日)
http://www.ourplanet-tv.org?q=node/1807
東京五輪の主会場、設計案固まる〜建設費膨らむ恐れ(2014年5月28日)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1788
伊東豊雄氏「半額で工事できる」国立競技場の改修案発表(2014年5月26日)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1787
東京五輪・開発計画の現場から(2014年2月5日)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1725
 



【OurPlanetTV番組制作支援のお願い】
この番組は会員のみなさまからの会費や、視聴者のみなさまからの寄付・カンパを基金に制作しています。より多様な視点から情報発信ができるよう、ぜひ制作費のご支援をお願いいたします。詳しくはこちらをご覧ください。





【会員として継続的なご支援をお願いします】
OurPlanet-TVは独立性を重視した運営をしています。活動に関わる費用はすべて、応援してくださる個人の寄付や活動に賛同する会員からの会費によって支えられています。継続的にサポートしていただける方はぜひ賛助会員にご登録ください。詳しくはこちらをご覧ください。