TOP

【1日取材体験Xスタディツアー】カメラを持って五輪再開発現場に行こう!第1弾「新国立競技場建設の影で」

投稿者: ourplanet 投稿日時: 日, 01/01/2017 - 04:51
【1日取材体験Xスタディツアー】カメラを持って五輪再開発現場に行こう!第1弾「新国立競技場建設の影で」

東京五輪に向けた開発の影で、野宿者や住民の追い出し、環境破壊などの問題が起きています。五輪開発の現場を訪れ、取材や撮影について学ぶワークショップです。スタディツアーと映像ワークショップが一度に体験できます。カメラを持ってあなたも取材者デビュー!
 
第1弾は、新国立競技場周辺を訪れます。
 


第1弾「新国立競技場建設の影で」
日にち  8月19日(土)
時間
   10:00~17:00
集合場所 OurPlanet-TVメディアカフェ(千代田区猿楽町2-2-3 NSビル202)
定員   一般限定10人/オブザーバー(見学者)限定5人
     ※定員になり次第締め切ります。
 
受講料  一般1万5000円(カメラ持参者は3000円引き)
     オブザーバー4000円
※オブザーバー参加とは、カメラ技術は学べませんが、午後1時から現場を一緒に見てまわることが可能です。
※昼ご飯代、移動の電車代は含まれていません。

 
東京オリンピックのメイン会場となる新国立競技場
 
東京の新宿区と渋谷区にまたがり、明治神宮外苑に隣接する新国立競技場の工事が急ピッチで進んでいる。しかし、工事予定地周辺では、都営アパートの住民や野宿者の追い出し問題などがおきている。
 

内容
午前
講義「撮影技術とインタビュー」(10時~11時 場所:OurPlanetTV)
取材の基本や撮影技術のポイント。インタビュー撮影時のテクニック(映像サイズや音の録り方)などを学ぶことができます。
 
午後
実習:取材撮影(13時~15時30時 場所:新国立競技場周辺)
この問題に詳しい方のお話を聞きながら、新国立競技場周辺を歩き、取材撮影を実践します。
 
講義・ふりかえり(16時〜17時)
撮影した映像を見ながら、取材や撮影の工夫点などをレクチャーします。   

 
新国立競技場周辺の話を聞かせてくれる方
現在、調整中です。
 
講師
白石 草(OurPlanet-TV代表)
番組制作会社を経て、東京メトロポリタンテレビジョン入社。ビデオジャーナリストとして、ニュース・ドキュメンタリー番組の制作に携わる。2001年に独立し、同年10月OurPlanet-TV設立。現在、一橋大学大学院社会研究科客員准教授、早稲田大学ジャーナリズムコース講師。著書に『ビデオカメラでいこう~ゼロからはじめるドキュメンタリー制作』(七つ森書館)ほか多数。
  
平野隆章(OurPlanet-TV)
映像制作会社を経て、2007年よりOurPlanet-TVスタッフに。インタビュー番組「ContAct」や ニュースクリップの取材・撮影・編集のほか、オープンスペース・メディアカフェ担当。2009年にドキュメンタリー「宮下公園」を制作。2013年に報道ドキュメント「東電テレビ会議 49時間の記録」の映像編集を担当した。