TOP

渋谷区の公立中学校で、給食費改ざんに関する書類

投稿者: ourplanet 投稿日時: 土, 06/05/2010 - 13:23

宮下公園のドキュメンタリーを制作して以降、OurPlanetTVのもとには、渋谷区に関わる様々な告発が寄せられるようになった。
 
6月3日の夕方、渋谷区立笹塚中学の校長室で、校長と保護者が、ある書類をめぐって、激しいやりとりが行われているとの連絡が入った。
経緯はこうだ。渋谷区立笹塚中学校では、給食費などの決算書を保護者に配布せず、監査の際にも、通帳や帳簿を開示や説明を行わないことから食材費が不正に会計処理が行われているのではないかとして、会計帳簿全ての開示を求める裁判が争われている。
 
6月3日は、かねてからこの件を追及していた保護者が、午前中に、学校を訪れ島本環樹校長と面会。この際、校長が暴言を吐いたため、改めて、保護者が午後に来校。島本校長に謝罪を要求し、校長は文書で謝罪をするという出来事があった。そのやりとりの最中、校長室に置いてあったダンボールの中から、校長が、給食記録の改ざんを指示する文書が、偶然、発見されたという。
 
 
驚いた保護者は、この文書を引き渡して複写させるように校長に要求。数時間にわたって、保護者と校長の間で、押し問答が続いた。
教育委員会職員や渋谷オンブズマンや、区議会議員、メディア、警察などが駆けつけたが校長室内には入れず、その後、この文書の隠滅の恐れを感じた保護者は、夕方19時過ぎ、校長や教育委員会職員を振り切って、それらの文書をダンボールごと代々木警察署へ運び込んだ。
 
しかし、届けた書類は、学校から勝手に持ち出したものと判断され、保護者が警察に事情徴収を受ける事態に。校長側が窃盗の被害届を代々木署に提出し、代々木署は被害届を受理。その後、島本環樹校長のほか、菅原幸信庶務課長をはじめとする教育委員会の職員4人がそれぞれ代々木署で取り調べを受けることとなった。島本校長は、OurPlanetTVの取材に対し、「今は何も話せない。」と回答。また、翌日対応に追われた教育員会の菅原課長は「島本校長側が、代々木署に窃盗の被害届を提出し受理されたと聞いている。この件につてい、それ以上のことは話せない」としている。
 
同じように、不正の証拠を警察に提出して、逆に逮捕をされるという事件としてはグリーンピースのクジラ肉事件がある。保護者は、窃盗罪で書類送検される見込みでだが、問題はむしろ校長室から、会計書類の改ざん命令書が出てきたことである。保護者は「改ざんの指示が記載されている書類を警察に見てもらいたかった。警察できちんと調べて欲しい。学校側の不正によって、子どもたちが適正な栄養価の給食を食べることができていなかったという事態は極めて問題。渋谷区の教育委員会はきちんと対処してほしい」と話す。
 
なお、この事件の情報公開に関する裁判の経過は、渋谷オンブズマンのブログに詳しい情報が記載されている。
http://shibuyaopen.blog17.fc2.com/blog-entry-695.html
 
渋谷区の情報公開のひどさもさることながら、コメント欄を見ると、いかに笹塚中学や渋谷区の教育が問題を抱えていることがうかがえる。