TOP

ContAct

Fotgazet通信・26年目のチェルノブイリ最新報告

Video preview image

去る4月26日、チャルノブイリ原発事故から26年目を迎えた。世界中の核施設や核実験場などを取材してきたフォトジャーナリストの森住卓氏が現地の最新事情を報告する。ベラルーシやウクライナの30キロ圏内、圏外で、人びとはどのような暮らしをしているのか。

Fotgazet通信・瓦礫に群がる震災ビジネス〜広域処理の裏側

Video preview image

全国で問題となっている震災がれきの広域処理。野田総理大臣は4月16日、がれきが震災復興の妨げになっているとして、地方自治体の知事や市長に対して、改めてがれきを受け入れて欲しいと要請した。

徹底検証!テレビは原発事故をどう伝えたか?Part4(前編)

Video preview image

徹底検証!テレビは原発事故をどう伝えたか?
Part4 被曝リスクをどう伝えたか?(前編)
 

徹底検証!テレビは原発事故をどう伝えたか?Part4(後編)

Video preview image

徹底検証!テレビは原発事故をどう伝えたか?
Part4 被曝リスクをどう伝えたか?(後編)
 

徹底検証!テレビは原発事故をどう伝えたか?Part3

Video preview image

徹底検証!テレビは原発事故をどう伝えたか?
Part3 1号機爆発をどう伝えたか?
 

徹底検証!テレビは原発事故をどう伝えたか?Part2

Video preview image

徹底検証!テレビは原発事故をどう伝えたか?
Part2 避難指示をどう伝えたか?
 

徹底検証!テレビは原発事故をどう伝えたか?Part1

Video preview image

徹底検証!テレビは原発事故をどう伝えたか?
Part1 緊急事態をどう伝えたか?
 

朝日ニュースターでの「放送」は最終回! 「日本でパブリックアクセスは実現するか?」

Video preview image

約半年間、朝日ニュースターというプライベートな放送局で、独自の放送枠を獲得し、放送をしてきた「ContAct」。一見、普通の放送に見えながらも、「公共の電波」を市民が使う「パブリックアクセス」のイメージを提示しようと取り組んだ実験でもあった。