TOP

News

30年待たずに資金枯渇も〜福島「県民健康調査」


甲状腺検査2次検査受診者の血液試料を保存するために、福島医大が導入した自動検体システムメーカーのWEBサイト
 

「モニタリングポスト撤去しないで」福島の母親ら知事に申し入れ


 
原子力規制委員会が福島県内のモニタリングポストを撤去する計画を進めていることをめぐり、県内で子育て中の母親らは18日、福島県危機管理部に対して、設置の継続を求めて内堀知事宛の要請書を提出した。
 

診療情報を3年放置〜福島県・甲状腺検査サポート事業


県民健康調査課の鈴木陽一課長(2017年6月5日検討委員会にて撮影)
 
福島県の甲状腺検査で、一体、何人の甲状腺がんが見つかったのか?