TOP

News

泊原発再稼働問題〜原子力安全委、安全チェックを保安院に丸投げ

Video preview image

北海道電力の泊原発3号機の営業運転再開に関し、内閣府の原子力安全委員会は11日、「法的に判断する立場にはない」として、事実上承認した。
 

土壌の放射能汚染〜首都圏150カ所で市民が測定

Video preview image

市民の手で、放射能による土壌汚染の状況を把握しようと活動を行っている「放射能防御プロジェクト」のメンバーが8日議員会館で記者会見を開き、首都圏などの約150カ所の土壌検査を行った測定結果を発表した。

被災地支援について、社会人と学生がディスカッション

Video preview image

東日本大震災の被災地支援に関して、7月24日、北海道札幌市の市民活動サポートセンターで、社会人と学生が集まり、「大人のキタイ×学生のホンネ」というテーマでトークやディスカッションが行われ、約40名が参加した。
 

福島第一のメルトダウン〜地震による配管破損の可能性

Video preview image

1988年から消費者として東電本社との交渉を継続してきた「東京電力と共に脱原発をめざす会」(共の会)は7月23日、震災直後の事故経過に関して、東京電力から2度目の事故説明を受けた。
 

広瀬隆氏が山下教授や高木大臣、東電幹部らを刑事告発

Video preview image

福島第一原発事故に関連し、ジャーナリストの広瀬隆氏とルポライターの明石昇二郎氏が、7月15日、東電幹部や高木義明文部科学大臣、福島県放射線健康リスクアドバイザーの山下俊一氏など合計32名を刑事告発したと記者会見で発表した。
 

全日本民医連、原発事故後の「行動記録ノート」を配布

Video preview image

福島第一原発事故による深刻な放射能汚染に、被災地住民の不安が高まる中、「全日本民主医療機関連合会」は、7月13日、原発事故のあとの「私の行動記録」というノートをホームページ上で公開・配布を開始した。
  

七夕に「脱原発」の願い〜浴衣で東電前アクション

Video preview image

七夕となった7月7日、東京都千代田区にある東京電力前に、小さな子どもを持つ母親らが集まり、「脱原発」を願う七夕アクションを行った。
 

子どもの被ばく積算把握せず〜福島の父母ら政府交渉

Video preview image

「子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク」など6団体の呼びかけで、6月30日、内部被ばくについての調査や、避難促進・自主避難者支援を求め、市民と政府の交渉が行なわれた。交渉の中で、福島県の子どもの被ばく積算について、どの省庁も把握していないことが明らかになった。
 

沖縄・高江の米軍ヘリパッド建設に抗議〜約130名がデモ行進

Video preview image

沖縄本島北部、国頭郡東村・高江の集落の周りに、新たに6つの米軍ヘリパッドが建設される計画があり、現在止まっている工事が、7月中に再開されるような動きや、辺野古への新基地建設に対し「沖縄を踏みにじるな緊急アクション実行委員会」や「ゆんたく高江」など東京の市民団体が呼びか

福島市の子ども10人中10人の尿からセシウム検出

Video preview image

「子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク」などNGOは、6月30日記者会見を開き、福島市内の6歳~16歳の男女10人の尿を検査した結果、全員から放射性物質セシウム134、137が検出され、内部被ばくの可能性が極めて高いと発表した。