TOP

News

「子ども被災者支援法を軸に」福島県医師会が要望

Video preview image

原子力規制委員会の福島原発事故による住民の健康管理のあり方に関する検討チームは6日、第2回目の会合を開催した。

甲状腺のヨウ素被曝、東京成人5.2mGv~米国防省推計


イメージ写真:福島県県民健康調査の甲状腺検査 撮影:佐々木るり(二本松在住)
 

ヨウ素剤服用は汚染検査後?~規制委中村委員が主張

Video preview image

原子力規制委員会の緊急被ばく医療に関する検討チームは、第2回目の会合を開催し、座長の中村佳代子原子力委員が、安定ヨウ素剤は汚染検査(スクリーニング)後に服用すべきとする規制委員会案を提示した。

一刻も早く具体策を~平野大臣に福島の被害者訴え

Video preview image

東京電力福島第一原発事故の被害者や支援者らは28日、現在、基本方針策定中の法律「原発事故子ども・被災者支援法」に対して、一刻も早く基本方針策定をし実施をして欲しいと平野復興大臣に要望書を提出、政府と交渉を行った。
 

市民と規制委がメディア対決!〜市民の声に規制委はどう応える?

Video preview image

市民の脱原発の声の広がりにも関わらず、大飯原発が再稼働され、原子力規制員会が国会の承認を得ないまま発足した。いらだつ市民の間では今、自分たちの声を届けつために、小さなメディアを立ち上げる動きが加速している。
 

年間20ミリの避難基準を非難~国連報告者

Video preview image

東京電力福島第一原子力発電所事故に関連して11月26日、国連人権理事会の「健康に対する権利に関する特別報告者」のアナンド・グローバー氏が記者会見を開き、声明を発表した。
 

「野宿者排除だ」~行政代執行迫る中、当事者ら会見

Video preview image

江東区立竪川河川敷公園で野宿生活をしている当事者や支援者らが20日、区が行政代執行により強制排除しようとしているとして、都内で記者会見を行った。江東区は今年2月にも同公園で行政代執行を行っており、弁護士らは「野宿者排除が目的だ」と批判した。
 

「移住費用は国が負担すべき」カルディコット博士

Video preview image

ノーベル平和賞を受賞したIPPNW(核戦争防止国際医師会議)の生みの親で、医師のヘレン・カルディコット博士が19日、東京都内で会見し、子どもや妊婦は高線量地域から速やかに避難すべきと訴えた。
 

デモ中止にも雨ニモ負けず「反原発」の声ひびく〜国会大包囲

Video preview image

大飯原発の即時停止と脱原発を求めて11日、脱原発を訴える人々が国会や霞ヶ関周辺に集まり抗議行動を行った。雨が降りしきる中、「原発いらない」「再稼働反対」の声が、普段は静かな霞ヶ関や永田町にこだました。