TOP

横浜市〜市民の抗議で汚染灰の埋立て延期へ

投稿者: ourplanet 投稿日時: 水, 09/14/2011 - 03:25


(撮影:横浜市民放送局/橋本康二さん)
 
15日以降に、放射性セシウムを含む下水汚泥焼却灰を、南本牧廃棄物最終処分場(中区)に投棄・埋め立てる方針を発表していた横浜市は14日、住民などの抗議を受け、埋め立ての開始を延期することを明らかにした。具体的な今後の日程は決まっていない。
 
今回、横浜市が最終処分場に埋め立てを予定していたのは、金沢区と鶴見区にある市内2カ所の下水処理場(南部汚泥資源化センター、北部汚泥資源化センター)の汚泥2700トンで、2カ所の汚泥・焼却灰は最大で6468ベクレルだった。
 
市は、国が6月に、1キロあたり8000ベクレル以下であれば埋め立てしてもよいとする通知を出しているため、今回の埋め立てを決定。9日に、15日以降に投棄を実施することを発表したが、周辺の住民に対して事前に説明会などは開催していなかった。
  
13日に市役所へ抗議に参加した女性は「近隣住民への説明がなく、市のやり方は信じられない」と話し、「原発の排水の国際基準値はセシウムで90ベクレルなのに、今回のように数千ベクレルの汚泥の投棄が許されるのか」として区に説明を求めていた。
 
下水からの汚泥は毎日のように増えており、下水道施設管理課によると、月内にもほぼ満杯になる状況だという。市は安全性を確認し、周辺住民の理解を得てから最終処分場への埋め立てを実施するとしている。
  
南部汚泥資源化センター(金沢区)(c)横浜市   南本牧廃棄物最終処分場(中区)(c)横浜市
 
【横浜市報道発表】下水汚泥焼却灰の埋立を実施します~安全を確認~
http://www.city.yokohama.lg.jp/kankyo/kisha/h23/110909-1.html
  

【OurPlanetTV番組制作支援のお願い】
私たちは、2001年に活動を開始した日本では珍しいNPO法人による独立系メディアです。独立性を重視しているため、企業や行政からの広告などは一切受けていません。制作に関わる費用は全て、応援してくださる個人の寄付や会費によって支えられています。ぜひ応援してください。子どもたちを守るためのメディアとしての取組みを強化するキャンペーンも実施中です。