TOP

福島調査・甲状腺がん疑い2巡目だけで59人〜計174人

投稿者: ourplanet 投稿日時: 月, 09/12/2016 - 03:56


 
東京電力福島第一原発事故後、福島県が実施している「県民健康調査」の検討委員会が14日、開催され、2巡目の健診で悪性または悪性疑いと診断された子どもは、前回より2人増え59人となった。また手術をして甲状腺がんと確定したのは、4人増え34人となった。1巡目と2巡目をあわせた数は、甲状腺がんの悪性または悪性疑いが174人。手術を終えた人が136人で、1人をのぞく135人が甲状腺がんと確定した。
 
配布資料
https://www.pref.fukushima.lg.jp/site/portal/kenkocyosa-kentoiinkai-24.h...
 

 
気になる男子の甲状腺がん
福島県立医大の大津留晶教授によると、今年6月までに穿刺細胞診を行い、悪性または悪性疑いと診断された子どもは前回より6人増えて57人となった。震災時の年齢は5才から18才で平均は12.7才。男女比は、平成26年が19人:29人、平成27年度は6人:5人で、合計すると男性25人に対し女性34人で、特に平成27年度において、通常の1:7の割合に比べ、男性の比率が極端に高くなっている。
 
甲状腺がん疑い59人のうち5人以外が前回A判定
2巡目で甲状腺がん疑いと診断された59人のうち、先行調査で精密検査が必要なB判定だったのはわずか5人(8%)。残り28人(47%)はA1判定。26人(44%)がA2判定だった。A2判定だった人のうち、結節のあったのは7人で、残りはのう胞だったという。
 
腫瘍径は、平成26年度で平均9.2ミリ(5.3ミリ〜17.4ミリ)、27年度は15.6ミリ(5.7ミリ〜35.6ミリ)。26年度の平均腫瘍径は先行検査より小さいものの、27年度は上回った。
 



 
先行調査(23年~25年)    本格調査(26年~27年) 

 
手術症例
先行調査(23年~25年)  

本格調査(26年~27年)

 
検査縮小の検討に異論殺到
星座長は検討委員会の開催に先立ち、福島県小児科医会から「検査縮小」の要望が提出されていることを受け、検査の見直しに関して議論をはじめる考えをしていた。しかし、この日の議論では、甲状腺専門医の清水一雄医院をはじめ、清水修二副座長、春日文子委員などから、検査の継続や受診率の向上を求める意見が相次いだ。
 
委員らは、県が発行している「甲状腺通信」に掲載されている長崎大学の高村昇委員の論文データについて誤解を招くなどと批判。検査の見直しの検討に入る前に、甲状腺評価部会を開催し、本格検査(2巡目)の評価を行うべきだとする意見が出された。しかし、甲状腺評価部会の開催について、星座長から、具体的な開催時期やメンバーについての言及はなされなかった。
 
記者会見

 
記者会見では、星座長が、地元紙などのインタビューに答え、「検査縮小」を前提とした検討を始めると受け取られるような発言を行ったことなどへの批判が殺到。座長として資質を問われる質問が相次いだ。情報発信のあり方に大きな問題を抱えたまま、記者会見は1時間で打ち切られた。
 
関連記事、動画
事故時5歳児、甲状腺がん~悪性・悪性疑い172人(2016年6月6日)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/2049
甲状腺がん悪性・悪性疑い166人〜福島県調査(2016年2月15日)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/2028
甲状腺がん「信頼性高いリスクの推定を」〜国際環境疫学会が忠告(2016年2月9日)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/2026
甲状腺がん悪性・悪性疑い152人〜福島県民健康調査(2015年11月30日
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/2004
甲状腺がん「チェルノブイリの多発傾向と酷似」〜疫学専門家(2015年10月8日)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1989
福島の小児甲状腺がん「被曝による発生」〜医学誌に論文(2015年10月7日)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1984
甲状腺がんの「被ばく影響研究」メンバーに祖父江氏(2015年9月29日)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1983
福島県の甲状腺検査「新秘密会」?〜山下俊一氏が座長(2015年9月2日)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1974
甲状腺がん疑い含め137人へ、2巡目は25人〜福島健康調査(2015年8月31日)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1969
北茨城市検査で、小児甲状腺がん3人(2015年8月27日)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1968
福島の小児甲状腺がん疑い例含め126人に〜鈴木眞一氏は退任(2015年5月18日)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1915
2年前「異常なし」の8人が甲状腺がん〜福島県全体で117人(2015年2月12日)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1887
「甲状腺がん手術に医療支援を」提言へ~福島・評価部会(2015年2月2日)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1884
甲状腺がん悪性・疑い112人~前回「異常なし」の子も4人(2014年12月25日)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1868
福島県民健康調査「第3回甲状腺検査評価部会」(2014年11月10日)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1853
甲状腺がんの子103人〜福島で10万人に30人(2014年8月24日)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1821
リンパ節転移が多数~福島県の甲状腺がん (2014年6月10日)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1793
甲状腺がんの子、疑い含め89人に〜福島県民健康調査(2014年5月16日)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1778
「甲状腺検査は過剰診療か」がん増加で激論〜福島・評価部会(2014年3月2日)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1735
福島の甲状腺がん「放射線影響ではない」〜国際会議(2014年2月24日)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1732
「甲状腺がん、放射線の影響か」国際会議で議論はじまる(2014年2月21日)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1731
甲状腺がん悪性・悪性疑い74人〜福島健康調査(2014年2月5日)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1727
「100ミリ以下はがん増えない」誤り〜専門家会議で一致(2013年12月21日)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1706
福島健康調査・第1回甲状腺検査評価部会(2013年11月26日)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1686
福島県検査で甲状腺がん58人~最年少は8歳(2013年11月12日)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1674
甲状腺がんデータに大幅ミス〜福島県民健康調査(2013年8月21日)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1633
甲状腺がん悪性、悪性疑い43人〜福島県民健康管理調査(2013年8月20日)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1630
福島県甲状腺検査~3人が甲状腺がん、7人悪性疑い(2013年2月13日)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1532
甲状腺の検査改善求め~市民が県立医大に要望(2012年9月15日)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1441
 
【OurPlanetTV番組制作支援のお願い】
この番組は会員のみなさまからの会費や、視聴者のみなさまからの寄付・カンパを基金に制作しています。より多様な視点から情報発信ができるよう、ぜひ制作費のご支援をお願いいたします。詳しくはこちらをご覧ください。





【会員として継続的なご支援をお願いします】
OurPlanet-TVは独立性を重視した運営をしています。活動に関わる費用はすべて、応援してくださる個人の寄付や活動に賛同する会員からの会費によって支えられています。継続的にサポートしていただける方はぜひ賛助会員にご登録ください。詳しくはこちらをご覧ください。