TOP

五輪に向け都会のオアシスで森林伐採〜住民が監査請求

投稿者: ourplanet 投稿日時: 月, 12/04/2017 - 07:16


 
中野区新井にある中野区最大の「平和の森公園」。自然豊かな公園として、長年の間、市民に親しまれてきた。しかし、東京五輪を契機に中野区がスポーツ公園に作り変える計画が浮上し、反対運動が起きている。4日、区民が工事の中止を求め、住民監査請求を申し立てた。
 
申し立てを行ったのは、区内の市民らでつくる「緑とひろばの平和の森公園を守る会」のメンバーら6人。園内の樹木約1万7000本を伐採し、スポーツ公園に大規模リニューアルする計画は、緑豊かな公園の価値を減少させるとして、工事の中止を求めている。また住民監査請求に先立ち、同会のメンバーらが公園で集会を開き、「樹木を切るな。区長は私たちの声を聞け」と声を上げた。
   

平和の森公園(この草原は陸上競技のトラックとなる予定だ)
 
「平和の森公園」は旧中野刑務所の跡地にあり、治安維持法制定(1925年)後は、大杉栄や小林多喜二など、思想犯が多数収監されていた歴史を持つ。このため、1985年に開園した同公園は「平和の森公園」と命名され、園内には平和資料展示室が設けられているほか、広島や長崎の原爆を生き延びたアオギリやクスノキが植樹され、区民に親しまれてきた。
 
しかし区は東京五輪に向け、市民のスポーツ活動の意欲を高めることを目的とした、同公園の大規模再開発を計画。300メートルの陸上トラックや大型体育館、バーベキューサイトなどを建設すると発表した。
 

公園の再開発計画(中野区のホームページより)
 
これにして市民は反発。「緑とひろばの平和の森公園を守る会」を結成し、区に対して計画の撤回を求めてきた。しかし区は先月、基本設計を発表。現在、工事のための仮囲い作業などが進められている。同会メンバーの羽根田新平さんは、「広場は年寄りが散歩したり、子どもが遊んだり、誰もが自由に入ってこられる場所。このままがいい」と公園の緑を残して欲しいと訴えている。木々の伐採工事が始まるのは来年1月9日。市民らは同日、伐採の中止を求め、抗議行動を行う予定だ。
 

工事エリアにある木々
 
関連サイト
中野-緑とひろばの平和の森公園を守る会
http://peace-woods-park.society.ne.jp/
中野区・平和の森公園再整備基本設計
http://www.city.tokyo-nakano.lg.jp/dept/504000/d023319.html
 



【OurPlanetTV番組制作支援のお願い】
この番組は会員のみなさまからの会費や、視聴者のみなさまからの寄付・カンパを基金に制作しています。より多様な視点から情報発信ができるよう、ぜひ制作費のご支援をお願いいたします。詳しくはこちらをご覧ください。


【会員として継続的なご支援をお願いします】
OurPlanet-TVは独立性を重視した運営をしています。活動に関わる費用はすべて、応援してくださる個人の寄付や活動に賛同する会員からの会費によって支えられています。継続的にサポートしていただける方はぜひ賛助会員にご登録ください。詳しくはこちらをご覧ください。