TOP

放射能被害はなぜ隠蔽されるのか~フェルネクス博士

投稿者: ourplanet 投稿日時: 金, 08/31/2012 - 06:04
Get the latest Flash Player to see this video.

チェルブイリ原発事故による放射能の健康被害をめぐり2001年、WHO(世界保健機関)とIAEA(国際原子力機関)はキエフで国際会議を開いた。独立した医師や科学者から内部被曝や低線量被曝の実態が発表されるが、国際的な原子力ロビーと結びついた専門家たちは、これを真っ向から否定する。
 
こうした実情を描いたドキュメンタリー映画「真実はどこに?―WHOとIAEA 放射能汚染を巡って」に登場する医師ミッシェル・フェルネクス博士が6月に来日した。WHO(世界保健機関)の独立性を確保するために、インディペンデントWHOという活動をしている博士に、放射線被害が隠蔽される背景や、チェルブイリ原発事故の放射能がもたらした被害についてを聞いた。
 
関連リンク
「終りのない惨劇 」ミッシェル・フェルネクス(著)
http://www.ryokufu.com/isbn978-4-8461-1205-9n.html
関連番組
2012年3月19日
「バンダジェフスキー博士が会見〜内部被ばくへ警鐘」
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1333
2011年12月15日
「チェルノブイリからの警告~5万人の子どもを診た医学博士から」
ゲスト:エフゲーニャ・ステパノワ博士(ウクライナ放射線医学研究センター)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1282
2011年8月5日
「内部被ばくに警鐘~クリス・バズビー博士インタビュー」
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1190
2011年7月14日
「放射能で広がる異変~子どもたちに何が起きているか」
ゲスト:野呂美加(チェルノブイリへのかけはし)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1180
 

映画「真実はどこに?―WHOとIAEA 放射能汚染を巡って」(2004年、51分)
監督ウラディミール・チェルトコフ(Wladimir Tchertkoff)
日本語版制作 Echo Echanges France、りんご野 
Echo Echanges France
http://echoechanges-echoechanges.blogspot.fr
 



【OurPlanetTV番組制作支援のお願い】
この番組は会員のみなさまからの会費や、視聴者のみなさまからの寄付・カンパを基金に制作しています。より多様な視点から情報発信ができるよう、ぜひ制作費のご支援をお願いいたします。詳しくはこちらをご覧ください。