TOP

都内初の「ミサイル避難訓練」に抗議の声

投稿者: ourplanet 投稿日時: 月, 01/22/2018 - 18:19


 
東京都内で初となる弾道ミサイルの飛来を想定した避難訓練が22日、文京区の東京ドーム周辺で行われた。一方、この避難訓練に反対する市民団体は「恐怖心をあおり、戦争に慣らす訓練だ。外交で戦争を防げ」と抗議活動を行った。
 
この避難訓練は、内閣官房、東京都、文京区の共催によるもの。訓練は、東京ドーム周辺にあたる地下鉄駅「春日駅」、「後楽園駅」や遊園地で行われ、近隣住民や会社員など約350人が参加した。午前10時すぎ、警報のサイレン音に続き、「ミサイルが発射されました」と放送が流れると、参加者は地下鉄への入り口など、あらかじめ決められていた避難経路を確認した。
 
内閣官房の末永洋之参事官は、訓練参加者への講評で、「ミサイル発射から10分足らずで日本の上空に飛来する。日本に落ちてくる場合は、8分から9分となる。的確な避難行動をとっていただきたい」と話した。文京区の成澤廣修区長は、「想定していない時に起きた時に、行動がとれるかどうか、家族や会社、地域の皆さんと話し合っていくことが大切です」と語った。
 
抗議行動を呼びかけたのは、全国のミサイル避難訓練に反対する「自衛隊・米軍参加の防災訓練に反対する実行委員会」など8団体で約60人が参加した。「戦争ではなく対話を!」というプラカードかかげた杉原浩司さんは、今回の訓練に対して、人を地下に移動させるだけで、訓練としては意味がないとし、「戦争のための準備をしているんだという空気をつくって、戦争に慣らさせる効果を狙っているのではないか」と指摘した。また、「日本政府は北朝鮮に対しても、アメリカに対しても対話を求めていくべき」だと訴えた。
 



【OurPlanetTV番組制作支援のお願い】
この番組は会員のみなさまからの会費や、視聴者のみなさまからの寄付・カンパを基金に制作しています。より多様な視点から情報発信ができるよう、ぜひ制作費のご支援をお願いいたします。詳しくはこちらをご覧ください。


【会員として継続的なご支援をお願いします】
OurPlanet-TVは独立性を重視した運営をしています。活動に関わる費用はすべて、応援してくださる個人の寄付や活動に賛同する会員からの会費によって支えられています。継続的にサポートしていただける方はぜひ賛助会員にご登録ください。詳しくはこちらをご覧ください。