TOP

家賃2倍請求やめよ!〜自主避難者の住宅問題で市民ら要求

投稿者: ourplanet 投稿日時: 木, 08/29/2019 - 00:35



福島県が、原発事故によって避難している一部の世帯に対して、2倍の家賃を請求したり、提訴する準備を進めていることを受け、避難者の当事者団体らが8月29日、復興庁や財務省など政府関係者と面会し、強制退去を促すような強引な住宅政策を改めるよう要望した。

政府へ要望を行ったのは、原発事故被害者団体連絡会(ひだんれん)」や「避難の権利」を求める全国避難者の会、避難の協同センターなど3団体。避難の協同センターの事務局長・瀬戸大作さんは、公務員住宅から退去していない避難者60世帯に対し、「罰則」として家賃を2倍にしたり、一部の世帯に対して、強制退去を求める訴訟を準備していることを問題視。多くの避難者が公営住宅の入居を希望していながら、入居要件に該当しなかったり、引っ越し費用がないなどの理由で、転居が難しい実情を説明した。

瀬戸さんは、多くの避難者が、収入と見合わない高額な家賃を請求され、精神的にダメージを受けていると説明。市民による民間団体と協力して、一人ひとりの生活実態を詳細に把握するよう求めた。しかし、復興庁の担当者は、福島県の決定は尊重したいの一点張り。福島県が相談事業を実施し、把握に努めていると回答するにとどまった。  

すべての番組は視聴者のみなさまからの寄付を基金に制作しています

OurPlanet-TVは非営利の独立メディアです。活動に関わる費用はすべて、会員の
みなさまからの会費や、視聴者のみなさまからの寄付によって支えられています。
世界を見つめる視点を豊かにする―。 OurPlanet-TVは独立メディアとして「小さな声」を伝え続けます。 あなたもスポンサーとして、活動に参加してください。 継続的にサポートしていただける方はぜひ賛助会員にご登録ください。   ※OurPlanet-TVは日本では非常に珍しい、認定NPO法人によるメディアです。
寄付・会費は税額控除の対象となります。詳しくはこちらをご確認ください。