TOP

「避難が遅れ被ばく」飯舘村29人が国と東電を提訴

投稿者: ourplanet 投稿日時: 金, 03/05/2021 - 02:34


 


原発事故後に避難の機会を奪われ、高い被ばくを受けたとして、飯館村の住民29人が3月5日、国と東京電力に対して一人当たり715万円のの損害賠償を求める訴えを東京地方裁判所に起こした。初期被爆そのものを直接争う初の集団訴訟となる。

原告らは2014年11月、飯舘村民の半数が参加した裁判外紛争解決手続き(ADR)を申し立てたものの、ADRセンターが示した和解案や東電の受諾拒否を不服として、初期被爆とふるさと喪失の2点に絞って改めて提訴したもの。

ADRの和解案をめぐっては、初期被曝の慰謝料は10万円と低く抑えられた上、東京電力はその和解案を拒否。ADRセンターによる受託勧告にも応じなかった。また、生活破壊慰謝料や田 畑・山林など不動産に関する、いわゆる「ふるさと喪失」慰謝料については、ADRは和解案を出さなかった。

これに対し、原告は初期被曝については、国と東京電力に対して250万円の損害賠償を、また「ふるさと喪失」慰謝料は東京電力に400万円の損害賠償を求めている。初期被曝をめぐって、裁判が争われたのは・・・。また12歳から69歳の原告の中には、2011年3月30日に、国が簡易的に甲状腺検査を行った子どもも人含まれているという。

すべての番組は視聴者のみなさまからの寄付を基金に制作しています

OurPlanet-TVは非営利の独立メディアです。活動に関わる費用はすべて、会員の
みなさまからの会費や、視聴者のみなさまからの寄付によって支えられています。
世界を見つめる視点を豊かにする―。 OurPlanet-TVは独立メディアとして「小さな声」を伝え続けます。 あなたもスポンサーとして、活動に参加してください。 継続的にサポートしていただける方はぜひ賛助会員にご登録ください。

  ※OurPlanet-TVは日本では非常に珍しい、認定NPO法人によるメディアです。
寄付・会費は税額控除の対象となります。詳しくはこちらをご確認ください。