TOP

「食卓の肖像」がキネマ旬報文化映画ベスト10に入賞!

投稿者: ourplanet 投稿日時: 火, 01/17/2012 - 04:06

キネマ旬報社は16日、2011年公開の映画から選ぶ「第85回キネマ旬報ベスト・テン」を発表した。日本映画の1位は「一枚のハガキ」(新藤兼人監督)、外国映画1位は「ゴーストライター」(ロマン・ポランスキー監督)で、文化映画部門の第10位に、OurPlaentTVのワークショップを参加していた金子サトシさんの「食卓の肖像」が選ばれた。
 
   
「食卓の肖像」は、1968年に北九州を中心に起きた食品公害事件「カネミ油症事件」の問題を取り上げた作品。被害者たちに丁寧に取材をし、貴重な証言の数々を紡いでいる。金子さんは、2008年にOurPlanetTVの秋期の映像ワークショップ入門編に参加。その後、2009年に春より上級クラスの「DIYビデオのアトリエ」(講師は映画監督の土屋豊氏)を受講。2010年秋に同作品を完成させた。
 
金子サトシさんのコメント


いちから自主制作でつくった作品が入賞できてありがたいです。さらに上映会を続けて多くの人に見てもらいたい。現在は、広島・長崎の被曝者へのインタビューと、原発についての取材を進めています。
 
 
【2011年文化映画ベスト・テン】
1位 大丈夫。─小児科医・細谷亮太のコトバ─
2位 色を奏で いのちを紡ぐ 染織家 志村ふくみ・洋子の世界
3位 遙かなるふるさと 旅順・大連
4位 沈黙の春を生きて
5位 ミツバチの羽音と地球の回転
6位 里湖 八郎潟物語
7位 医(いや)す者として ~映像と証言で綴る農村医療の戦後史~
8位 かすかな光へ
9位 HAYABUSA ─BACK TO THE EARTH─ 帰還バージョン
10位 食卓の肖像