TOP

ポスト311時代のメディアとは~公共的なメディアを取り戻す作戦会議

投稿者: ourplanet 投稿日時: 月, 04/16/2012 - 09:12

4月11日、都内の文京シビックセンターで、311後、メディアのあり方を考えるシンポジウムが開催された。主催したのはNPO法人OurPlanetTV。代表の白石草さんが、放送ウーマン賞を受賞したことを記念して開催されたもので、およそ200人が参加した。
 
「ポスト311時代のメディアとは~公共的なメディアを取り戻す作戦会議」と題されたこのイベント。まず、白石さんが「コミュニケーションの権利」について基調講演を行い、既存のメディアは信頼を失ったと言われるが、「頑張っている」と言われる独立メディアも限界がある。今こそ、市民一人ひとりがメディアに関わる必要があると訴えた。
 
これに続いて開催されたシンポジウムでは、野中ともよさんがモデレータをつとめ、マスメディア関係者をはじめ8人が議論に参加した。映画監督の鎌仲ひとみさんは、「なぜ、マスコミはデモを報じないのか」と指摘すると、飛び入りで登壇したNHKの堀潤さんは「中立性を保ちたいからだと思う」と発言。「中立性」とは何かがが議論となった。
 
メディアの環境を変えるきっかけにしたいと企画されたこのシンポジウム。次回は、合宿をして朝まで議論しようと言う案も登場。さっそく、フェースブックにグループが出来、議論が行われている。
 
facebookの公開グループ「Reclaim Media=公共的なメディアを取り戻そう」
http://www.facebook.com/groups/205504892893226/
 
◆コーディネータ
野中ともよ(NPO法人ガイア・イニシアティブ代表)
◆パネリスト
アイリーン・美緒子・スミス(環境NGOグリーン・アクション代表)
上野千鶴子(社会学者/NPO法人WAN理事長/東京大学名誉教授)
鎌仲ひとみ(映画監督/映画「みつばちの羽音と地球の回転」ほか制作)
野呂法夫(東京新聞特報部デスク)
隈元信一(朝日新聞編集委員/「原発とメディア」執筆中)
白石草(OurPlanetTV代表)
◆飛び入り出演
堀潤(NHKアナウンサー)
 
  

【OurPlanetTV番組制作支援のお願い】
この番組は会員のみなさまからの会費や、視聴者のみなさまからの寄付・カンパを基金に制作しています。より多様な視点から情報発信ができるよう、ぜひ制作費のご支援をお願いいたします。詳しくはこちらをご覧下さい