TOP

映像報告「チェルノブイリ・28年目の子どもたち」

投稿者: ourplanet 投稿日時: 金, 04/25/2014 - 02:48
Get the latest Flash Player to see this video.

今年3月で、福島第一原発事故から3年を迎えた。しかし現在も年間20ミリシーベルトを避難基準に設定したまま、住民の早期帰還策が進められている。また除染以外の被ばく防護策や健康調査は極めて限定的だ。
 
そんな中、OurPlanetTVではチェルノブイリ事故後28年経つウクライナへ足を運び、子どもたちの健康状態や学校生活などを取材した。汚染地域の子どもや住民の罹患率が今も上昇する中、医師、教師たちの懸命な努力が続けられている。日本はここから何を学べるか。子どもを取り巻く学校や教育関係者、医療従事者、保護者たちの取組みや思いを取材した。
 
自主上映をしませんか?
DVDを1枚2000円で販売しています。上映会や勉強会などで自由にご活用いただけます。
購入の方法はこちら 
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1758
 

ナタリア・ヤレムチュクさん(38歳)
1975年コロステン生まれ。
10歳のときにチェルノブイリ原子力発電所事故に遭う。ジトーミル大学に進学し、歯科医師となる。病気のある2人の子どもを育てているが、子どもたちには薬などが効かないため、食事に気をつかっている。野菜や肉、牛乳などは、汚染地域ではない夫の実家で作った無農薬のものが中心。現在、19歳の息子はナタリアさんの母親が育てている。本人は甲状腺炎。娘に同行して保養に行くと、疲れがなくなると話している。
 
マリア・ヤレムチュクさん(15歳)
1998年コロステン生まれ。
生まれつき腎臓機能が正常に働いておらず、「先天性有機酸代謝異常」との診断を受ける。最近は膵臓の機能低下、糖尿病も併発してきている。薬や医学的な治療は効かず、体調管理のためには保養と食事療法が重要となっている。体調が悪化すると、意識が低下してろれつが回らなくなり、失調状態となることがある。チョコレートやスナック菓子、炭酸のジュースなどは悪い影響があるため、控えるようにしている。

 

Study2007さん作成資料から抜粋
 
取材メモ

◯コロステン
市長:モスカレンコ市長(ソ連時代は共産党地区指導者→事業家→市長4期目)
ジトーミル州北部の都市/人口6万6000人
チェルノブイリ原子力発電所から140キロ
1991年に年間0.5ミリ〜5ミリシーベルトで第3ゾーンに指定され2万人が移住
1986年から2011年までの25年間の積算線量は平均15〜25ミリシーベルト
人口6万6000人のうち5万7000人が被災者として補助を受けている
支援策:給食費の無償/子どもの保養/医薬品の無償提供/汚染のない食品購入補助など  

 

◯コロステン第12学校
校長:ニジニック・カリーナ校長
校医:ノンナ・セチェンコ医師(小児科医)
生徒数:1年生から11年生まで645人
授業時間:2年生から11年生まで40分(5分短縮)/1年生は35分(10分短縮)
体育:基本グループ157人/準備グループ385人/特別グループ90人/体育免除13人

 
【PDF】「チェルノブイリ・28年目の子どもたち」Q&A
*映像報告に盛り込めなかった重要ポイントをまとめました。上映会を開催する際は印刷してお使いください。
 
ウクライナ報告書『チェルノブイリ事故から25年』(英文)
http://www.ourplanet-tv.org/files/chornobyl25eng.pdf
ウクライナ報告書『チェルノブイリ事故から25年』(抜粋和訳)市民科学研究室サイト
http://archives.shiminkagaku.org/archives/csijnewsletter_010_ukuraine_01...
ウクライナ保健省「チェルノブイリ障害者認定」疾病リスト
http://www.ourplanet-tv.org/files/list.pdf
チェルノブイリ事故のパスポート線量とは(内閣府原子力被災者生活支援チーム作成)
http://www.ourplanet-tv.org/files/passort.png
YouTube版
https://www.youtube.com/watch?v=3hv-5bW17Rs
 



【OurPlanetTV番組制作支援のお願い】
この番組はみなさまの寄付や会費をもとに制作しています。ウクライナの保養や移住に関して、引き続き取材したいと考えています。多様な視点から情報発信ができるようぜひご支援をお願いいたします。詳しくはこちらをご覧ください。