TOP

原発事故に伴う住民の健康管理〜国連科学委報告もとに対応へ

投稿者: ourplanet 投稿日時: 水, 04/23/2014 - 23:57



 
福島第一原子力発電所事故に伴う住民の健康管理について検討を行っている環境省の専門委員会が開かれ、長瀧重信座長は4月上旬に公表された国連科学委員会(UNSCEAR)の報告書を参考に今後の対応を決めていく考えを示した。
 
今回のの会合は、4月2日に公表された国連科学委員会(UNSCEAR)報告書を受けて急遽開催されたもので、長瀧氏の意向を受け、UNSCEARの報告書の理解を深めることが狙い。会合では、まず放射線医学総合研究所放射線防護研究センターの酒井一夫センター長が、UNSCEAR報告書の概要について説明した。
 
公衆の被ばく線量評価では、「食品による内部被曝の寄与が大きく、避難区域以外の福島県の乳児で50mGyと評価された甲状腺被曝量の3分2は食品によるもの」と推計されていることを説明。しかし、実際の被ばく線量の測定結果と比べ、過大評価になっている可能性もあると指摘した。また、計画的避難区域の住民は、「避難したことによって、被ばく量を10分の1に低減できた」としている。
  
健康影響については、しきい値なしの直線モデルに基づくリスクモデルでは「がんのリスクが若干上昇することが示唆されるが、その上昇は日本人の自然発生によるがんの罹患リスクに比べて小さく、検出できないと考える」と結論づけていることを紹介。甲状腺がんについても、「発生率が上昇する可能性はある」としながらも、チェルノブイリ事故と比較すると線量は低く「大幅に増加するとは予想されない」と解説した。
 
 
 
UNSCEARは福島原発事故において今後、取り組むべき課題も提示。汚染水漏れが続いていることを懸念するともに、さらに情報の集約を進める必要性に言及。疫学的な研究のために、個人線量が適切に評価出来ている集団からなるコホートの確立を検討することなどを提言した。
 
質疑では、報告書の「不確かさ」について議論が集中。また、日本医師会の石川克己委員からは「遺伝的な影響の増加が観察されるとは予想されないなどと言い切るのは不適当ではないか」と報告書に対し疑念を呈した。環境省と長瀧重信座長は、今後、UNSCEARの提言を参考に専門家委員会としての見解をまとめていくとしている。次回の第6回会合の開催は5月20日15時からの予定。
 
 

 
配布資料
議題および委員名簿
http://www.ourplanet-tv.org/files/140424-01.pdf
座席表
http://www.ourplanet-tv.org/files/140424-02.pdf
資料1−1(UNSCEAR 2013報告 AnnexA)
http://www.unscear.org/docs/reports/2013/13-85418_Report_2013_Annex_A.pd...
資料2
http://www.ourplanet-tv.org/files/140424-03.pdf
酒井一夫センター長提出資料(放射線医学総合研究所)
http://www.ourplanet-tv.org/files/140424-04.pdf
 
【参考資料】
「UNSCEAR2013報告」付録C 仮版(Studyさん作成)
*公衆の被ばく線量評価
http://www.ourplanet-tv.org/files/UNSCEAR2013_APPENDIXC_study2007.pdf
「UNSCEAR2013報告」付録E II.C 和訳(Fukushima Voice)
*健康影響についての委員会のコメント内の甲状腺癌関連パラグラフ和訳
http://fukushimavoice2.blogspot.jp/2014/04/unscear-2013-e-iic.html
 
【過去の会議動画&記事】
住民ら「結論ありきのメンバー」と批判〜環境省健康調査専門会議(2013年11月1日)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1670
第1回住民の健康管理のあり方に関する専門家会議(2013年11月11日)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1675
第3回 住民の健康管理のあり方に関する専門家会議(2014年2月26日)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1733
第4回専門家会議〜がんリスクめぐり激しく応酬(2014年4月26日)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1754
 
<関連サイト>
東京電力福島第一原子力発電所事故に伴う住民の健康管理のあり方に関する専門家会議
http://www.env.go.jp/chemi/rhm/conf/conf01.html
 



【OurPlanetTV番組制作支援のお願い】
この番組は会員のみなさまからの会費や、視聴者のみなさまからの寄付・カンパを基金に制作しています。より多様な視点から情報発信ができるよう、ぜひ制作費のご支援をお願いいたします。詳しくはこちらをご覧ください。