TOP

卒業生の声(1)

ワークショップの参加者の年齢層は20代から70代までと幅広く、学生やフリーター、記者、弁護士、ライター、デザイナー、写真家、仕事を引退された方などが受講しています。NPO団体の方の参加も多く、これまでにスマイルクラブ、反差別国際運動(IMADR)、ビルマ情報ネットワーク、ISEP 環境エネルギー政策研究所、JANIC福島事務所、チャイルドラインなどの方が受講しています。
 
様々な人と出会い、刺激を受けながら映像を学ぶ白熱教室です。
 
岸田浩和さん(2011年卒業生)(映像作家、写真記者)2013年より、映像制作と写真記事の取材ライターとして独立。映像では、ドキュメンタリー制作の他、企業VPやCM、インタビュー、ニュースサイト向け動画/写真コンテンツの制作を手がけている。
www.kishidahirokazu.com
 


受講のきっかけ
 
ワークショップ参加当時、私は会社員の傍ら、「フリーライター」としてネット媒体に記事を書いていました。東日本大震災の被災地を訪れた際、現地で写真取材を行うフリージャーナリストが、同じ一眼レフカメラを使って動画を撮影している様子を目の当たりにしました。「こんな事が出来るのか。自分も使いこなしてみたい!」と思い、東京に戻ってすぐさまアワプラのワークショップに参加しました。
 
ワークショップで学んだこと
 
ワークショップでは、一般的なビデオカメラの取り扱いを習得したあとは、撮影テーマの決め方、取材申請の方法、編集のコツと、実際の取材や作品作りに沿ったカリキュラムで進みました。ほとんど撮影経験がなかったので不安でしたが、この時無我夢中で作品を作った経験が、自分の映像作家としてのキャリアのスタートになりました。
 
インタビューする際の話の引き出し方や、膨大な撮影素材からどこを切り取るかなど、経験値やコツの居るノウハウを中心に教えてもらえたことが、ワークショップ後の活動の自信につながりました。わずか三ヶ月の期間で、映像制作の一通りの過程を学べる場所は、そうそうないと思います。自分で作品を作り始めてわかったことは、カメラ機材や編集ソフトの高度な技術は、必要なときに必要な箇所だけYouTubeや書籍などから、習得すればいいと言うことでした。ドキュメンタリー映像の制作者にとって必要なスキルは、テーマを見つけて取材を行い、作品に仕上げる為の知識と熱量だと感じています。
 
ドキュメンタリー「缶闘記」

 
ワークショップの課題では、震災で被災した宮城県石巻市の缶詰工場を取材し、「掘り起こせ缶詰」という作品を作りました。チーム3人で一緒に宮城まで出かけ取材を行い、最後は徹夜で完成させました。
 
最後の講評で、白石さんから「とても良い取材をしたのに編集が惜しいというか残念。『かわいそうな被災地の人が、がんばっています』というテレビ的なパターンにはめ込んでしまっている。これはあなた達の取材なのだから、無理にオチは付けなくて良い。あなた達の感じた事、伝えたいことがもっとあったはず。そこを恐れずに徹底的に表現してほい。」という言葉をもらいました。
 
この言葉がきっかけで、さらに10ヶ月かけて追加取材を行い、「缶闘記」というタイトルに改題して15分の作品を作りました。最終的には、海外5カ国9箇所の映画祭に入選・入賞し、自分が映像制作者として独立するきっかけとなりました。現在は、ドキュメンタリーのほか、ネット媒体向けのインタビュー映像や動画取材、イベント記録、広告動画の制作を行っています。
 
アワプラのワークショップで学んだ「自分が感じた事を、恐れずに自信を持って表現する」という考えは、今も私の映像制作の礎になっています。

ふくしまゆみこさん(2012年卒業生)母親業、映像制作、市民活動、ライター。すべての子どもたちが未来に夢を持って生きられることを願い「持続可能な暮らしと社会」をテーマに、食の安全と健康・エネルギー・自然環境などの問題に取り組み始める。現在は子宮頸がんワクチン問題についての映像を制作中。
http://tera58.net/film/
 


ワークショップに参加するきっかけ 
 
ワークショップに参加して、人生が変わりました。原発事故の後、マスメディアは大事なことほど伝えないということに気づき、身の回りの大事なことを伝えるために映像で記録に残し発信しよう、と思い立ちました。それまではビデオカメラを持ったこともありませんでした。自分だけでなく仲間の多様なアイデアで、デモと地域経済をテーマにしたワークショップ作品「“デモ割”うまれたよ」を作り、それが第33回「地方の時代」ドキュメンタリー映像祭で優秀賞を頂きました。それもきっかけとなり長年勤めた会社を辞め、今はここで出逢った仲間と一緒に映像制作ユニット、tera58film(テラコヤフィルム)を立ち上げ、取材と映像制作を続けています。仲間やOurPlanet-TVの皆さんとの新しいつながりがうまれたことが、大きな収穫です。
 
ドキュメンタリー「“デモ割”うまれたよ」

「卒業生の声」をもっとみる
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/108

<受講生募集中>【3ヶ月コース】4月開講 映像制作ワークショップ
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/2088


【OurPlanetTV番組制作支援のお願い】
この番組は会員のみなさまからの会費や、視聴者のみなさまからの寄付・カンパを基金に制作しています。より多様な視点から情報発信ができるよう、ぜひ制作費のご支援をお願いいたします。詳しくはこちらをご覧ください。