TOP

福島県「国と協議中で言えない」~住宅支援、県の姿勢見えず

投稿者: ourplanet 投稿日時: 金, 05/15/2015 - 22:56
Get the latest Flash Player to see this video.

東京電力福島第一原発事故の影響で、福島県外へ避難している被災者らが15日、来年度以降も住宅支援を継続するように内堀知事宛に4万4978人筆の署名と要請書を提出した。被災者らは「国に支援を要請してください」と詰め寄ったが、県側は「支援を要請するかどうか、国と協議していて何も言えない」と繰り返し述べた。
 
今回福島県庁を訪問したのは、東京や京都へ避難している当事者や支援者ら約15人。署名提出後、福島県の避難者支援課の担当者と1時間面会した。
 
面談では、いわき市から京都へ子ども2人と母子避難した高木久美子さんが、「避難用住宅の期間延長が必要です。落ち着いて暮らしたい」と訴えたが、福島県 避難者支援課の菊池主幹は、「今度の延長については、地元福島の除染やインフラの整備、公営住宅などの整備をふまえて、対応する」「国と協議している」と述べるにとどまった。
 
県の説明を受けて避難者らは、「帰還させたいから延長するのを渋っているのですか?」と詰め寄ると、県側は「除染をしてインフラを整備して戻れるような環境にしたい」と述べた。
 
これに対して「うつくしま☆ふくしまin京都」の奥森祥陽さんは、「問題は福島県の動向なんですよ!あなたたちが県外避難者の命をにぎっている」と訴えて、生活が困窮している母子避難者などがいることを説明。「家賃負担できる人はもう新しい生活をはじめている。公営住宅に移って家賃月1、2万でも、本当にぎりぎりの人たちがいっぱいいる。延長するしかないんです」と迫ったが、避難者支援課の福島県避難者の菅野主幹は、「十分分かります。ただ言えないんです」と言葉を濁した。
 
県は昨年5月末に支援延長を決定したことについて、「できるだけ早く決めたい」とする一方、「現時点で発表できるものは何もない」と述べた。
 

<みなし仮設の延長問題>
東日本大震災に伴う県外に避難している被災者は、「みなし仮設」と呼ばれる借り上げ住宅で暮らしている。しかし、同住宅は、もともと2年間が利用期限とされている「災害救助法」の「応急仮設住宅」に準ずるため、支援の継続決定は1年ごととなっており、来年3月以降の見通しはたっていない。内閣府によると、今年3月1日時点で、被災3県(福島県、宮城県、岩手県)から県外に避難して、「みなし仮設(借り上げ住宅)」で暮らしているのは、1万793戸2万7333人。同住宅は、「災害救助法」に基づき、避難元が要望して実施が決まる仕組みとなっているため、福島県の対応が焦点となる。

関連リンク
避難用住宅の無償提供期間の 用住宅の無償提供期間の長期延長を求める署名
http://goo.gl/HsYViD
ひなん生活をまもる会
http://hinamamo.jimdo.com/
震災支援ネットワーク埼玉
http://431279.com/
うつくしま☆ふくしまin京都
http://utukushima.exblog.jp/
 
関連動画
2015年5月12日配信
原発避難者「路頭に迷う」~住宅支援継続求め署名4万提出
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1912
2014年10月8日配信
住宅支援と健康調査の政府交渉~子ども被災者支援法
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1838
2014年6月9日配信
原発避難者〜長期的な住宅支援を求め国に要望
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1794
2014年3月19日配信
住宅支援の継続も求め〜原発避難者が都に要望
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1747
2013年9月13日配信
「住宅支援打切り」復興庁主導か〜自主避難者をめぐり文書入手
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1645
2012年12月26日配信
福島県外への避難に壁~年末で住宅支援打ち切り
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1505
 
【OurPlanetTV番組制作支援のお願い】
この番組は会員のみなさまからの会費や、視聴者のみなさまからの寄付・カンパを基金に制作しています。より多様な視点から情報発信ができるよう、ぜひ制作費のご支援をお願いいたします。詳しくはこちらをご覧ください。





【会員として継続的なご支援をお願いします】
OurPlanet-TVは独立性を重視した運営をしています。活動に関わる費用はすべて、応援してくださる個人の寄付や活動に賛同する会員からの会費によって支えられています。継続的にサポートしていただける方はぜひ賛助会員にご登録ください。詳しくはこちらをご覧ください。