TOP

「再審請求中の死刑執行、許されない」人権団体が抗議

投稿者: ourplanet 投稿日時: 木, 07/13/2017 - 04:15


 
金田勝年法務大臣が13日、死刑囚2人の死刑を執行したと公表したことを受け、人権団体3団体が記者会見をし抗議した。安倍政権下では、第1次安倍内閣で10人、第2次、第3次安倍内閣で19人となり、通算29人となった。会見を行ったのは、死刑廃止国際条約の批准を求めるフォーラム90と監獄人権センター、「死刑を止めよう」宗教者ネットワークの3団体。
 
監獄人権センターの海渡雄一弁護士は、岡山地裁で裁判員裁判による死刑判決後、自ら控訴を取り下げた住田紘一死刑囚(34)=広島拘置所=について、死刑をめぐる国際的な潮流は一審だけで確定するのではなく、上級裁判所で審査する、義務的上訴制度の導入が広がっており、国連からも勧告されていると批判。
2013年以来、裁判員裁判による死刑判決3件が、東京高等裁判所によって破棄され、その判断が最高裁判所によって維持されているが、住田死刑囚の事件は同じような判断となった可能性もあり、問題性が多いと批判した。
 
また京都、兵庫、島根の3府県で飲食店経営者の女性4人が相次いで殺害された事件で、強盗殺人罪などに問われ、死刑を言い渡された西川正勝死刑囚(61)=大阪拘置所=については、「再審請求中であり、政府が死刑を執行することは許されない」と指摘し、再審請求中の死刑囚に対する死刑執行は、1999年12月の小野照男死刑囚に対する執行以来であり、大きな問題だと批判した。
 
死刑廃止国際条約の批准を求めるフォーラム90の深田卓さんは、死刑の判決が確定してから執行するまでの期間が、不公平だという議論出ていることについて、「とんでもない間違いだ。死刑そのものが不平等で、判決が出ている。不平等なものの上に乗っかった上で、執行自体を平等化してどうするんだ」と指摘した。
 
「死刑を止めよう」宗教者ネットワークの柳川朋毅さんは、 九州豪雨で未だ多くの人が苦しんでいる中での死刑執行であり、「あの災害によって、日本の多くの人が人の死に思いをはせている。普通だったらこの時期に国家は人を殺さない。国家は人の命を助けるためにある」と憤った。
 
監獄人権センターの声明
http://www.cpr.jca.apc.org/archive/statement#1223
アムネスティ・インターナショナル日本 
http://www.amnesty.or.jp/news/2017/0713_6941.html
 
関連記事、動画
人権団体が死刑に抗議〜安倍政権下22人目(2015年6月25日)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1931
安倍政権で死刑執行21人〜市民団体が抗議会見(2014年8月19日)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1825
死刑執行「安倍政権の強い意志だ」4団体が会見(2013年12月12日)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1700
「日本は世界の流れに逆行」死刑停止を求め共同声明(2013年3月15日)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1554
「日本の死刑制度を考える」(2011年7月8日)
ゲスト:遠藤賀子さん/アムネスティ・インターナショナル日本、死刑廃止ネットワーク会員
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1158
閉ざされた死刑ー法務省と情報公開(2010年10月4日)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/658
 
【OurPlanetTV番組制作支援のお願い】
この番組は会員のみなさまからの会費や、視聴者のみなさまからの寄付・カンパを基金に制作しています。より多様な視点から情報発信ができるよう、ぜひ制作費のご支援をお願いいたします。詳しくはこちらをご覧ください。





【会員として継続的なご支援をお願いします】
OurPlanet-TVは独立性を重視した運営をしています。活動に関わる費用はすべて、応援してくださる個人の寄付や活動に賛同する会員からの会費によって支えられています。継続的にサポートしていただける方はぜひ賛助会員にご登録ください。詳しくはこちらをご覧ください。