TOP

牛久入管で収容者が集団ハンスト、長期収容に抗議

投稿者: ourplanet 投稿日時: 水, 04/18/2018 - 14:08


(写真)東日本入国管理センター
 
退去命令が出された外国人らを拘束する東日本入国管理センター(茨城県牛久市)で15日、収容者らが長期収容に抗議するハンガーストライキを始めた。収容されていたインド人の自殺が発端だという。
 
面会を行った支援者らによると、ハンガーストライキをしているのは約140人。収容されていたインド人男性が13日に、同施設のシャワー室で自殺したことと、長期収容に抗議して、1日3食の食事を拒んでいる。東日本入国管理センターもハンストの事実を認め、担当者がハンストを止めるように説得している最中だという。動揺が広がっているとして、施設内に献花台を設ける方向で検討している。
 
牛久の収容所で、インド人男性が自殺
 
自殺したインド人男性(30代)は昨年4月に来日。インドでの政治活動を理由に難民申請を行ったが、申請は却下された。品川の東京入国管理局に収容された後、牛久の収容所に移された。4月12日に仮放免申請が却下されたことを知り、翌13日午前にシャワー室で首にタオルを巻きつけて倒れているのが発見された。
 
収容者を支援する活動を行う団体「牛久入管収容所問題を考える会(牛久の会)」の田中喜美子さんは、「彼の心が折れてしまったのだろう。日本の入管、難民認定法の無慈悲さを思い知らされる」と憤った。
 
難民認定約2万人に20人だけ〜日本の難民政策
 
昨年1年間で、日本で難民認定を申請した外国人は1万9628人にのぼるが、認定されたのはわずか20人にとどまる。田中さんによれば、長期の収容で自殺をほのめかす外国人も多くいるという。「長期の収容は精神的にも肉体的にも多くのダメージを与える」と日本の収容政策を批判した。
 
牛久入管収容所問題を考える会
http://www011.upp.so-net.ne.jp/ushikunokai/
 



【OurPlanetTV番組制作支援のお願い】
この番組は会員のみなさまからの会費や、視聴者のみなさまからの寄付・カンパを基金に制作しています。より多様な視点から情報発信ができるよう、ぜひ制作費のご支援をお願いいたします。詳しくはこちらをご覧ください。


【会員として継続的なご支援をお願いします】
OurPlanet-TVは独立性を重視した運営をしています。活動に関わる費用はすべて、応援してくださる個人の寄付や活動に賛同する会員からの会費によって支えられています。継続的にサポートしていただける方はぜひ賛助会員にご登録ください。詳しくはこちらをご覧ください。