TOP

五輪選手村「1400億円も値引き」と市民ら批判

投稿者: ourplanet 投稿日時: 火, 10/02/2018 - 09:21


 
東京都が民間業者に対し、129億円で売却する予定の五輪選手村の建設用地が、不動産鑑定を行ったところ、1611億円に上ることが分かった。売買契約は違法だとして都を訴えている住民らの調査で判明した。鑑定結果は裁判に提出した。
 
今回、鑑定が行われたのは、銀座から3キロほどの距離にある選手村建設地13.4万平方メートルの地価。五輪開催中は選手村となるが、跡地は大手不動産会社11社が都から土地と建物を譲り受け、1万人規模の住宅開発を行うことになっている。土地の売却費用は129億円で、今回、公表された不動産鑑定価格の実に12分の1にすぎない。
 
不動産鑑定を実施した「晴海選手村を土地投げ売りを正す会」弁護団の大住広太弁護士は、「異常に安い価格で払い下げられているのが大きな問題。東京とは、鑑定評価書を提出せず、一社から得た報告書に基づいてこの129億円という金額を算出している。鑑定評価結果報告書で1611億円とされた土地を129億円で売却するというのは、相応の説明が必要だ」と指摘。また同会代表の中野幸則さんは、「結果的に都民に都民に莫大な被害を押し付けている。まともな情報公開は行われず、都合の悪いことは隠す体質がある」と述べ、都民に開かれた都政になるように努力したいと力を込めた。
 

選手村予定地(2017年撮影)
 

五輪後の完成イメージ図(業者が提出)
 
関連動画
五輪選手村の都有地「9割引きの投売りだ」住民ら主張(2017年11月20日配信)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/2189
 



【OurPlanetTV番組制作支援のお願い】
この番組は会員のみなさまからの会費や、視聴者のみなさまからの寄付・カンパを基金に制作しています。より多様な視点から情報発信ができるよう、ぜひ制作費のご支援をお願いいたします。詳しくはこちらをご覧ください。


【会員として継続的なご支援をお願いします】
OurPlanet-TVは独立性を重視した運営をしています。活動に関わる費用はすべて、応援してくださる個人の寄付や活動に賛同する会員からの会費によって支えられています。継続的にサポートしていただける方はぜひ賛助会員にご登録ください。詳しくはこちらをご覧ください。