TOP

「残念。やりきれない」〜築地閉場に女将さんたち

投稿者: ourplanet 投稿日時: 土, 10/06/2018 - 10:33


 
「日本の台所」と親しまれた築地市場が6日、83年の歴史に幕を下ろした。築地市場は本格的な引越し作業に入り、11日に豊洲市場が開場する。しかし、市場関係者からは、土壌汚染や建物に不安の声が上がっている。
 
午前5時すぎ、場内で鈴が鳴ると、マグロのせりが始まった。卸業者が威勢のいいかけ声を張り上げると、市場が一気に活気づき、買い物客や荷物を運ぶターレが行き交った。
 
築地市場は、関東大震災で日本橋の魚河岸が壊滅状態となったことを受け、1935年に開場した。水産物で一日に約1500トンの取扱量を誇るなど世界有数の市場へ発展。特徴のある扇形の建物には、約600の水産仲卸業者が店を連ねている。
 
しかし、豊洲市場の移転に伴い、数十社が廃業する。家賃や駐車場代などの経費が大幅に増えるためだ。「すごく残念。やりきれない気持ち」と語るのは、老舗の鮮魚仲卸店の女将である山口タイさんだ。昨年4月に「築地女将さん会」を結成し、移転反対を訴えてきた。止むを得ず、店は豊洲へと移転するものの、商売には悲観的だ。駐車場代など新たな経費を抱えるため、廃業の可能性もあるという。
 
豊洲移転に課題山積
汚染物質への懸念もある。都は土壌汚染対策をしたものの、今年7月に発表されたモニタリング調査結果でも、環境基準の170倍もの発がん性物質ベンゼンが検出されたほか、先月には施設のマンホールから地下水が吹き出る現象が起きた。
 
そして最も不安視されているのが、豊洲市場の構造だ。築地には6箇所の入り口があったが、豊洲では1箇所に限られる。出入り口は狭く、渋滞が起こるのは必死。ひとたび事故が起これば、完全に物流は麻痺してしまう。
 
仕入れのために、築地に50年通ってきた男性は、「トラックがまだ走ってないのに地盤沈下している」と指摘。「豊洲には行かない。築地に戻ってくるのを待っている」と苛立ちを隠せない。
 
築地は11日から解体工事が始まり、東京五輪の駐車場として整備される。五輪後に再開発される予定だが具体的な内容は決まっていない。
 



【OurPlanetTV番組制作支援のお願い】
この番組は会員のみなさまからの会費や、視聴者のみなさまからの寄付・カンパを基金に制作しています。より多様な視点から情報発信ができるよう、ぜひ制作費のご支援をお願いいたします。詳しくはこちらをご覧ください。


【会員として継続的なご支援をお願いします】
OurPlanet-TVは独立性を重視した運営をしています。活動に関わる費用はすべて、応援してくださる個人の寄付や活動に賛同する会員からの会費によって支えられています。継続的にサポートしていただける方はぜひ賛助会員にご登録ください。詳しくはこちらをご覧ください。