TOP

甲状腺がん「放射線関連なし」 〜一度も議論せず報告書公表

投稿者: ourplanet 投稿日時: 日, 06/02/2019 - 07:42


 
東京電力福島第1原発事故当時18歳以下だった福島県内の子どもを対象に実施している甲状腺検査をめぐり、専門家で作る甲状腺評価部会は6月3日、2014年から2015年の検査でみつかった甲状腺がん71例は、被曝との関連性はないとする報告書をまとめた。報告書は、部会で一度も議論することなく唐突に提出され、最終案も部会長に一任された。通常より数十倍、多く見つかっているとする一方、その原因は特定しなかった。
 

 
2巡目で見つかった71例の甲状腺がんについて検討した今回の報告書。先行検査で見つかった102例を検討した前回の報告書と同様、通常の地域がん登録から推計される有病率に比べて「数十倍多い」と指摘。しかし、国連科学委員会(UNSCEAR)の推計甲状腺吸収線量を用いて解析したところ、「線量の増加に応じて発見率が上昇するといった一貫した関係は認められない」として、「現時点において、本格検査(2巡目)に発見された甲状腺がんと放射線被ばくの間の関連は認められない」と結論づけた。
 
甲状腺検査本格検査(検査 2 回目)結果に対する部会まとめ(案)
https://www.pref.fukushima.lg.jp/uploaded/attachment/330479.pdf
 
原因が不明なまま、通常より数十倍のがんが見つかっていることについて、鈴木元部会長は会見で、山下俊一教授の論文(*)を例にあげ、手術したがんの中にはとる必要がなかった微小がんも数例あったと指摘。さらに30年後、40年後に見つかるはずだった甲状腺がんを見つけている可能性があると述べた。
 
しかし、1巡目でも報告書で、約30年分の甲状腺がんを全て見つけてしまったと指摘していながら、なぜ2年間に新たな71例もの甲状腺がんが見つかったのか。その疑問には一切、触れなかった。
 
*Lessons from Fukushima: Latest Findings of Thyroid Cancer After the Fukushima Nuclear Power Plant Accident | Thyroid https://www.liebertpub.com/doi/full/10.1089/thy.2017.0283?url_ver=Z39.88...
 

 
残る課題〜個人線量と男女比
また報告書では、「臨床的に発見される男女比が1対6程度であるのに対し、福島県で見つかっているがんはほぼ1対1となっている」と記述。男女比と被曝との関係について、「今後の課題」とした。チェルノブイリでも男女比が、通常より小さいことが特徴とされている。この点を、記者会見で問われると、鈴木座長は、評価部会ではそこまではできないと回答。医大が判断することと述べた。
 
報告書のもととなった解析結果について、疫学が専門の祖父江友孝大阪大学教授は、「欠落しているデータもある。」と指摘。報告の出来を「60点」と評価。また国立がん研究医療センターの片野田耕太がん統計・総合解析部長は、点数は半分くらい(50点)などと述べた。
 

撮影:今野寿美雄
 
結論ありきの「報告書」か
今回の報告書の根拠としている解析データは、今年2月に、福島県立医大が提出した「市町村別 UNSCEAR推計甲状腺吸収線量と悪性ないし悪性疑い発見率との関連」だ。ところが、2月に提出したデータには大きな誤りがあった。
 
福島県立医科大学疫学講座の大平哲也教授によると、誤りは解析プログラムの入力ミスだという。本来「甲状腺疑いあり」は「1」、「甲状腺疑いなし」は「0」と入力すべきところに、「2〜4」の数字を入力した結果、オッズ比が実際の値よりも大幅に低くなっていた。
 
この誤りは、4月8日に開催された「県民健康調査」検討委員会の記者会見で、科学雑誌の編集長が鈴木元部会長に指摘。部会長は「指摘は受け止める」と回答し、「次回の評価部会で正しい結果を出す」との考えを示していたが、その結果を公表する前に、報告書が取りまとめられていた格好だ。
 
いつ解析が修正され、報告書案は果たして何日かけて作成されたのか。また、なぜ「0」や「1」しか入力しない欄に「2〜4」という数字を入力したのか。福島医大はOurPlanetTVの取材に対し、あくまでも「数字の入力が、単純に違ってしまったのが要因」と強調。前回の「検討委員会」が開催された4月8日の朝に鈴木部会長に報告し、後日、修正資料を渡したたと説明した。また、誤りに気づいたのは科学雑誌の指摘ではなく、「今回の評価部会に向けて、他の交絡因子なども加えた解析作業を進める中で、データ解析に関わった大平教授が誤りに気づいた」としている。4月8日の検討委員会で、鈴木部会長がなぜ誤りについて触れなかったのかは明らかにしていない。
 
1巡目の報告書は、「甲状腺がん有病者数推計」が提出されてから中間報告書が公表されるまでに半年間かけていた。しかし今回は、正しい解析データが会議に提出されないまま、部会長が報告書を作成。詳細な議論を経ないまま、やはり部会長に最終版が一任された。県立医大の説明通り、今年4月8日以降に即座に修正データを鈴木座長に渡していたとしても、約1ヶ月間で報告書をまとめたことになる。
 

 
同解析データの問題点を見つけ、科学雑誌で指摘していた神戸大学大学院の牧野淳一郎教授は、「このような初歩的なミスが見逃されるのであれば、第三者の専門家にチェックしてもらう必要があるのではないか。」と批判する。また「修正によって、 オッズ比(**)は 1.1-1.6 から 1.5-2.5 程度へと非常に大きくなり、統計的に有意に大きいものや、ほかにも差が大きいものがある。」と指摘。「トレンド検定したというが、被曝量推計の誤差が大きいことを考慮すると適切な検定になっていない」と批判する。
 
それ以前に、これまでの評価部会で使ってきた避難区域、浜通り、中通り、会津という4地域区分や、大平氏が論文で使っている被曝量推計ベースと違う方法を何故使っているのかも疑問だという。「有意差がでなくなるまで、データ分割の方法をいろいろ試すというやり方は、データ解析では絶対にやってはいけないこと。今回の解析は、適切な研究方法に沿ったものとは言えない」という。
 
**ある事象の起こりやすさを比較する際に示す統計学的な尺度。この場合、線量ごとの発見率を比較して、どの程度(何倍)違うかを示している。
 

2017年11月30日の第8回評価部会に提出された「甲状腺がん発見率調整データ」では、避難区域等13市町村、中通り、浜通り、会津地方の順に高かった。
 
2022年から2026年頃に結論?
報告書と併せ、今回の部会では、来年4月からスタートする5巡目の「お知らせ文書」と「同意書」に関する修正案も示された。それによると、これまで以上に「検査のデメリット」を強調。同意書には、「将来的に症状やがんによる死亡を引き起こさないがんを診断し、治療してしまう可能性があります」といった文言に加え、「社会的・経済的不利益が生じる可能性があります」「治療を必要としない結節やのう胞も発見される」可能性を指摘。「体への負担、受診者やご家族にご心労をおかけしてしまう可能性があります」などと加えられた。
 
これについて、伊藤病院の加藤良平病理診断科長と、大原総合病院の阿美弘史外科主任部長は同意を示したが、神奈川予防医学協会の吉田明婦人健診部長は「非常にわかりにくい。子どもさんを含めてみると、なかなか理解しにくいのではないか」と異論を唱えた。また、高野徹大阪大講師は、私は文章のほとんどに反対だと述べた。
 
鈴木元座長は、今回の報告書を受けて、検査が中止されることはないと述べ、事故当時1歳から4歳だった子どもが高校生の年代になる2021年から26年頃に、甲状腺がんが増えるかどうかを見極めるまで、被曝影響かどうかの判断は難しいとの考えを示した。
 

撮影:今野寿美雄
 
五輪に向けた安全PRに見える〜甲状腺がんの当事者ら激怒
評価部会の報告書は、福島県内にテレビや新聞でも大きく報じられた。娘が甲状腺がんとなり、再発や転移を経験している母親は報道を見て「甲状腺癌と被爆の関係はないと言い切っているけど、放射線と関係がないのならば、娘は、そのまま放置して一生何事もなく過ごせたのでしょうか?患者と家族に分かりやすく説明してもらいたい。」と疑問を呈した。さらに「オリンピックに向けて日本、そして福島は安全だという事を世界に向けて証明しようとしているように見える。」と指摘。「ニュースの報道見てても、どうせ、みんな他人事なのでしょう」と憤りをにじませた。
 
また甲状腺がんが手術を受けた20代の女性は、「中学生だった事故当時、原発事故のことはほとんど知らされず、事故直後に屋外で雨に当たりました。」と個別事情を加味しない今回の結論を批判。またUNSCEARの分析について、「年齢別、市町村別の被ばく線量が解析というけど、食品や水が特に影響与えるのに、加味しないのはおかしいし、そもそも本当に線量を当時正確に測っていたのか。」と憤る。また新たな同意書について、「デメリットとは笑っちゃう。社会的・経済的不利益が生じる可能性があると書いてるけど、それを補償する気はないのか?」と批判。「「受診者やご家族にご心労をおかけしてしまう可能性があります」とあるけど、偽善者感がハンパない」と怒りが収まらない。
 

 
さらに、検査で子どもの甲状腺がんを見逃された母親は、「過剰診断論」が一人歩きし、適切な検査や診断がなおざりになっていると不安視する。「日本には今や、甲状腺の診察に、ふた通りの病院があります。診察してくれて、エコーや細胞診をしてくれる病院。一方で、診もせずに、検査を無駄だと経過観察をすすめる病院。原発事故当時、フクイチから80キロ圏内に住み、ガソリンもなく、すぐに逃げることができなかった私たちにとって、患者になった時、どちらの病院の治療方針がメリットでデメリットなのか。放射能影響がないというなら、福島県立医大の国際医療科学センター(みらい棟)に甲状腺がんためにRI治療の病室をあれほど作る必要はなかったはず」と手厳しい。
 
報告書と同意書などは、次回の検討委員会に提出される。

 

甲状腺検査に関する動画・記事
2019年
甲状腺がん悪性疑い211人〜福島県集計データ(2019年04月05日)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/2387
甲状腺サポート事業「全員甲状腺がん」は誤りと謝罪〜実態は不透明(2019年3月14日 )
http://www.ourplanet-tv.org?q=node/2382
第12回「県民健康調査」甲状腺検査評価部会(2019年2月22日)
甲状腺検査は「益」か「害」か〜同意書をめぐり平行線
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/2370
2018年
第33回「県民健康調査」検討委員会(2018年12月26日)
「混迷する福島の甲状腺検査〜専門家が2時間半議論」
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/2349
小児甲状腺がん少なくとも273人〜福島サポート事業で判明(2108年12月14日)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/2342
第11回「県民健康調査」甲状腺検査評価部会(2018年10月29日)
被曝量と甲状腺がんの関係を検討へ〜福島県
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/2320/
第32回「県民健康調査」検討委員会 (2018年9月5日)
甲状腺がん集計外含め211人〜福島県
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/2306
新たな誤集計が発覚〜甲状腺がん手術症例にミス(2018年8月3日)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/2275
第10回「県民健康調査」甲状腺検査評価部会(2018年7月8日)
集計漏れ11人〜福島県の甲状腺がん209人へ
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/2275
第31回「県民健康調査」検討委員会(2018年3月5日)
甲状腺がん悪性または疑い200人超え〜福島県が公表(2018年6月18日)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/2269
第30回「県民健康調査」検討委員会(2018年3月5日)
福島・甲状腺がん196人〜「学校検診見直し」検討へ
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/2228
第9回「県民健康調査」甲状腺検査評価部会(2018年1月31日)
甲状腺検査の見直し検討本格化〜学校健診打ち切りへ
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/2215
2017年
第29回「県民健康調査」検討委員会
甲状腺検査4巡目に向け激論〜学校検診の行方は?(2017年12月25日)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/2204
第8回「県民健康調査」甲状腺検査評価部会(2018年11月30日)
鈴木元氏が部会長へ〜甲状腺がんの健康影響評価
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/2194
甲状腺検査の検討はじまる〜国際がん研究機関(2017年10月23日)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/2179
小児甲状腺がんのDNA解析〜研究拠点は長崎大(2017年8月31日)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/2160
存在していた!福島医科大「甲状腺がんデータベース」(2017年8月30日)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/2158
第28回「県民健康調査」検討委員会(2017年10月23日)
福島の小児甲状腺がん194人に〜手術は154例
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/2176
甲状腺検査の専門家会議〜環境省が全額負担(2017年6月9日)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/2137
第27回「県民健康調査」検討委員会(2017年10月23日)
甲状腺がん190人〜公表データ以外の把握、検討へ(2017年6月5日)
http://www.ourplanet-tv.org?q=node/2135
184人以外にも未公表の甲状腺がん〜事故当時4歳も(2017年3月28日)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/2108
第26回「県民健康調査」検討委員会(2017年2月20日)
環境省より国際がん研究機関での検討が提案
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/2102
2016年
第25回「県民健康調査」検討委員会(2016年12月27日)
福島の小児甲状腺がん疑い含め183人〜2巡目で68人
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/2083
甲状腺検査の見直しを提言〜山下俊一氏ら専門家(2016年12月9日)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/2077
第24回「県民健康調査」検討委員会(2016年9月14日)
福島調査・甲状腺がん疑い2巡目だけで59人〜計174人
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/2059
第23回「県民健康調査」検討委員会(2016年6月6日)
事故時5歳児、甲状腺がん~悪性・悪性疑い172人
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/2049
第23回「県民健康調査」検討委員会(2016年2月15日)
甲状腺がん悪性・悪性疑い166人〜福島県調査
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/2028
甲状腺がん「信頼性高いリスクの推定を」〜国際環境疫学会が忠告(2016年2月9日)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/2026
2015年
第22回「県民健康調査」検討委員会(2015年11月30日)
甲状腺がん悪性・悪性疑い152人〜福島県民健康調査
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/2004
甲状腺がん「チェルノブイリの多発傾向と酷似」〜疫学専門家(2015年10月8日)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1989
福島の小児甲状腺がん「被曝による発生」〜医学誌に論文(2015年10月7日)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1984
甲状腺がんの「被ばく影響研究」メンバーに祖父江氏(2015年9月29日)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1983
福島県の甲状腺検査「新秘密会」?〜山下俊一氏が座長(2015年9月2日)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1974
第21回「県民健康調査」検討委員会(2015年8月31日)
甲状腺がん疑い含め137人へ、2巡目は25人〜福島健康調査
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1969
北茨城市検査で、小児甲状腺がん3人(2015年8月27日)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1968
「福島県は世界最大の実験場」「1ミリで支援」山下俊一氏(2015年5月19日)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1917
第20回「県民健康調査」検討委員会(2015年5月18日)
福島の小児甲状腺がん疑い例含め126人に〜鈴木眞一氏は退任
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1915
第19回「県民健康調査」検討委員会(2015年2月12日)
2年前「異常なし」の8人が甲状腺がん〜福島県全体で117人
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1887
第4回「県民健康調査」甲状腺検査評価部会(2015年2月2日)
「甲状腺がん手術に医療支援を」提言へ~福島・評価部会(2015年2月2日)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1884
第18回「県民健康調査」検討委員会(2015年2月12日)
2014年
甲状腺がん悪性・疑い112人~前回「異常なし」の子も4人(2014年12月25日)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1868
第3回「県民健康調査」甲状腺検査評価部会(2014年11月10日)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1853
第17回「県民健康調査」検討委員会(2015年8月12日)
甲状腺がんの子103人〜福島で10万人に30人(2014年8月24日)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1821
第16回「県民健康調査」検討委員会(2015年2月12日)
リンパ節転移が多数~福島県の甲状腺がん (2014年6月10日)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1793
第15回「県民健康調査」検討委員会(2015年2月12日)
甲状腺がんの子、疑い含め89人に〜福島県民健康調査(2014年5月16日)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1778
第2回「県民健康調査」甲状腺検査評価部会(2014年3月2日)
「甲状腺検査は過剰診療か」がん増加で激論〜福島・評価部会
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1735
福島の甲状腺がん「放射線影響ではない」〜国際会議(2014年2月24日)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1732
「甲状腺がん、放射線の影響か」国際会議で議論はじまる(2014年2月21日)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1731
第14回「県民健康調査」検討委員会(2015年2月12日)
甲状腺がん悪性・悪性疑い74人〜福島健康調査(2014年2月5日)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1727
2013年
「100ミリ以下はがん増えない」誤り〜専門家会議で一致(2013年12月21日)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1706
福島健康調査・第1回甲状腺検査評価部会(2013年11月26日)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1686
第13回「県民健康調査」検討委員会(2013年11月12日)
福島県検査で甲状腺がん58人~最年少は8歳
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1674
甲状腺がんデータに大幅ミス〜福島県民健康調査(2013年8月21日)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1633
第12回「県民健康調査」検討委員会(2013年8月20日)
甲状腺がん悪性、悪性疑い43人〜福島県民健康管理調査
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1630
「必ず誤診」 訴訟恐れ巨額保険加入 ~福島県甲状腺検査(2013年6月2日)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1593
第10回「県民健康調査」検討委員会(2013年2月12日)
福島県甲状腺検査~3人が甲状腺がん、7人悪性疑い(2013年2月13日)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1532
2012年
甲状腺の検査改善求め~市民が県立医大に要望(2012年9月15日)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1441