TOP

毎時20μSv以上地域の19歳未満に限定へ〜原発事故後の甲状腺計測

投稿者: ourplanet 投稿日時: 木, 02/18/2021 - 11:39




原子力規制委員会は2月18日、原発事故などで放射性ヨウ素が放出した際、甲状腺がどの程度、被ばくしたかの測定をする 実施体制を決める会合を開催し、計測対象者について検討した。

初回の会合では、測定の対象者を決定した。計測の対象地域は、原子力災害対策指針でUPZ(緊急時防護措置準備区域)と定められた5キロから30キロ圏内のうち、放射線プルーム通過後に毎時20マイクロシーベルトを超えるような状況(OIL1・2)となった地域を対象とすることに決まった。原発5キロ圏内のPAZ(予防的防護措置区域)や、UPZ圏内ですでに避難している人は対象としない。



また年齢的には、将来甲状腺がんになるリスクが高い19歳未満の子ども、妊婦、授乳婦に加え、乳幼児の保護者も計測対象に含めることとした。従来の手順では、体表面スクリーニングを実施し、一定の線量を超えた対象者に対し、甲状腺被曝量の詳細な調査をすることが定められていたが、新たな方針では、モニタリングポストによる空間線量率を判断の基準とする。

東京電力福島第一原子力発電所事故では、事故から15日以上経過した3月26~30日、福島県いわき市、川俣町、飯舘村で0歳から15歳の子どもを対象に甲状腺を計測した。しかし、6万人規模の調査を実施したチェルノブイリよりはるかに少ない。また、機器が重さや住民に不安を与えるといった理由で、詳細な検査は一切、実施されなかった。

このため、福島県が実施している甲状腺検査で200人を超える甲状腺がん患者が見つかっているにもかかわらず、事故当初のヨウ素による内部被曝線量が分からず、線量とがん発症の関係について調べることが難しくなっている。しかし新たな方針でも、検査対象者は極めて限定的になものとなった。

会合では3月以降、計測方法などを議論し、4月中には報告書を提出する。その後、原子力災害対策指針の改訂案に盛り込み、パブリックコメントを実施するとしている。

資料
https://www.nsr.go.jp/disclosure/committee/other_meetings/20210210_01.html

検討チームの動画


すべての番組は視聴者のみなさまからの寄付を基金に制作しています

OurPlanet-TVは非営利の独立メディアです。活動に関わる費用はすべて、会員の
みなさまからの会費や、視聴者のみなさまからの寄付によって支えられています。
世界を見つめる視点を豊かにする―。 OurPlanet-TVは独立メディアとして「小さな声」を伝え続けます。 あなたもスポンサーとして、活動に参加してください。 継続的にサポートしていただける方はぜひ賛助会員にご登録ください。

  ※OurPlanet-TVは日本では非常に珍しい、認定NPO法人によるメディアです。
寄付・会費は税額控除の対象となります。詳しくはこちらをご確認ください。