TOP

自然・環境・公害・原発

国に対抗、最終処分場候補地の自治体が連帯広げる

Video preview image

東京電力福島第一原発事故で発生した指定廃棄物の最終処分場の候補地の1つである宮城県加美町の町議らが17日、栃木県の候補地の塩谷町を視察し、塩谷町の町議らと初めて意見交換を行った。町議同士の意見交換は、極めて異例。

避難指示、2年以内に解除~現行の住宅支援策は全て打ち切りか

Video preview image

安倍内閣は12日、東京電力福島第一原発事故で甚大な被害を受けた福島の復興指針を改定し、閣議決定した。「帰還困難区域」を除く「避難指示解除準備区域」と「居住制限区域」の避難指示を2016年度末までに解除する。一方、福島県は国に対して要望書を提出。

「住宅支援の継続を」福島県庁前で避難者がハンスト

Video preview image

東京電力福島第一原発事故で、福島県富岡町から神奈川県へと避難を余儀なくされた坂本建さんが、4日から福島県庁前でハンガーストライキを始めた。
 
坂本さんが求めているのは、「自主避難者(区域外避難者)への住宅支援」と「福島県知事が避難者の声を直接聞く公聴会の開催」。

「住宅支援なければ生活困窮」全国の自主避難者ら訴え

Video preview image

東京電力福島第一原子力発電所事故に伴う避難者の住宅支援をめぐり、9日、全国の避難当事者らが国会で集会を開き、政府が避難指示をしている区域以外も含めた全ての原発被災者に対し、継続的な住宅無償支援を行うよう声をあげた。

「住宅援助打ち切らないで」〜自主避難者ら涙の訴え

Video preview image

東京電力福島第一原発事故で、避難指示を受けていない「自主避難者」の住宅支援について、再来年度以降の打ち切りが報道されて以降、連日のように、自主避難者らが福島県や国への申し入れを行っている。

「帰還か定住か」〜都が避難者の相談拠点

Video preview image

東日本大震災と東京電力福島第1原発事故により都内に避難している人を対象に、東京都は27日、飯田橋に「都内避難者相談拠点」を開設した。相談員を配置し、住まいや仕事など避難者が抱える悩みの相談に応じる。

「被ばくし精神的被害」井戸川前双葉町長が国と東電提訴

Video preview image

福島第一原発事故により「被ばくし、精神的な被害を受けた」として、双葉町の井戸川克隆前町長が国と東京電力に対し、慰謝料など約1億5000万円の支払いを求める裁判を東京地裁に提起した。
 

福島県「国と協議中で言えない」~住宅支援、県の姿勢見えず

Video preview image

東京電力福島第一原発事故の影響で、福島県外へ避難している被災者らが15日、来年度以降も住宅支援を継続するように内堀知事宛に4万4978人筆の署名と要請書を提出した。

原発避難者「路頭に迷う」~住宅支援継続求め署名4万提出

Video preview image

東京電力福島第一原発事故の影響で、福島県外へ避難している被災者らが13日、来年度以降も住宅支援を継続するよう、内閣府に対して署名を提出した。「支援を打ち切られれば、避難を続けることが経済的に困難となる」と訴え、昨年の2倍以上となる4万4978人筆の署名を手渡した。