TOP

保健・医療・福祉

規制委・健康管理のあり方検討会〜総括案めぐり混乱


原子力規制員会では19日、東京電力福島第一原子力発電所事故による住民の健康管理の

新型の出生前診断〜産婦人科学会がパブコメ募集


11月13日に開催された日本産科婦人科学会のシンポジウムノーカット版
 

第六回 震災ボランティア・NPO等と各省庁との定例連絡会議

「第六回 震災ボランティア・NPO等と各省庁との定例連絡会議」
 
前編

後編

 

関東全域で健康被害広がる〜500件の異変報告から

福島第一原発事故から4ヶ月。今、福島県や関東全域で、体調の異変を訴える人が増えている。鼻血や下痢、倦怠感ー。OurPlanetTVに寄せられた550件の異変報告を集計すると、子どもに限らず幅広い年代で、普段は見られない症状が出ていることが明らかとなった。
 

全日本民医連、原発事故後の「行動記録ノート」を配布

Video preview image

福島第一原発事故による深刻な放射能汚染に、被災地住民の不安が高まる中、「全日本民主医療機関連合会」は、7月13日、原発事故のあとの「私の行動記録」というノートをホームページ上で公開・配布を開始した。