TOP

政治・社会運動

反原発抗議行動〜過剰警備に弁護士150人が抗議声明

Video preview image

首相官邸前や国会周辺で行われている脱原発の抗議活動をめぐり2日、過剰な警備によって表現の自由が失われているとして、弁護士らが警視庁に申し入れを行った。
 

過剰警備の中、変化を続ける抗議行動〜「アノ二バス」登場

Video preview image

金曜夜に首相官邸前や、国会周辺で行なわれている「脱原発」を訴える抗議行動。7月13日に警視庁が「鉄柵」を用いた厳しい警備を行われるようになったが、警備は先週以上に強化されている。こうした中、抗議活動は更に多様さを増し、新たな展開を見せている。
 

17万人が「脱原発」訴える~さようなら原発10万人集会

Video preview image

7月16日に代々木公園で開催された「さようなら原発10万人集会」には、17万人の人が参加し、「脱原発」を訴えました。
 
武藤類子さん(福島県三春町)

 

過剰警備の中、多様な表現あふれる〜官邸前行動

Video preview image

 いつからか、紫陽花革命と呼ばれるようになった金曜夜の官邸前抗議行動。警察が「鉄柵」で歩道などを封鎖する厳戒態勢下で行われたが、分散した参加者は、それぞれ自由な方法で「脱原発」を表現。その「声」は霞ヶ関にも響き渡った。
 

「官邸前抗議行動」みんなの写真&ビデオプロジェクト

今晩に予定されている関西電力大飯原発(福井県)の再稼働に対する官邸前の抗議行動について、警視庁は12日、参加者の行動エリアを歩道に限定し、かつ横断歩道を渡らせないなどの警備方針を発表しました。また、地下鉄の駅の利用も限定されます。
 

再稼働撤回を求め〜官邸前に人の波

Video preview image

国会議事堂の駅を降りると、そこは熱気に溢れていた。22日夜、政府が関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の再稼働を決定したことに対し、撤回を求め市民が総理官邸前に集まり、「再稼働反対」を訴えた。その列は400メートルにも延びた。
 

再稼働反対のキャンペーン〜ネット上に続々

先週6月16日に、野田総理をはじめとした四閣僚が、大飯原発3、4号機の再稼働を認めたことに対し、市民の怒りが高まっている。インターネット上では、再稼働の阻止を目指し、様々な動きが生まれている。
 

持たざる者・いのち・公共性~竪川公園の野宿者排除を考える

Video preview image

東京スカイツリーにほど近い江東区立竪川河川敷公園。高速道路の高架下にある全長2キロの細長い公園だ。雨風をしのぎやすいこともあり、60人ほどの野宿者がテントをはり生活している。
 

原発の是非を決めるのは誰?~原発国民投票を考える~

Video preview image

福島原発事故からまもなく11ヶ月。政府は、菅元総理大臣の任期中に、「脱原発依存」というスローガンを立てたものの、野田総理就任後は、再稼働を急ぎ、新しい原発の立地や核燃サイクルを進めようとしている。
 

難民申請者らがデモ~スリランカ人などが参加

Video preview image

難民申請者や支援者らは、9月28日、東京・品川でデモ行進を行い、難民申請者らに対する東京入国管理局の対応は非人道的であると訴え、改善を求めた。