TOP

農業・食糧・消費

有機農家が東電に補償申し入れ~成田市

Video preview image

有機農業が盛んな千葉県の北総地域の有機農家等30人が8月30日、福島第一原発事故によって2割から5割の売り上げ減少したとして、東京電力成田支店に損害賠償請求書を提出しました。
 

食品安全委〜100ミリ以下を「安全」として基準設定か

Video preview image

子どもたちを放射能から守る福島ネットワークなど6つの団体は8月25日、食品の安全基準などに関し、政府と交渉を行った。
 

8/18(木)23:15~ContAct『ブームのかげで広がるペットの殺処分~どうなる動物愛護法改正!?』


狭山茶でセシウムが基準値超え〜民間の測定室で検出

市民団体「たんぽぽ舎」が運営する放射能汚染食品測定室で、埼玉県産の狭山茶から暫定基準値を超える放射性セシウムが検出されたことが分かった。
 

関東全域で健康被害広がる〜500件の異変報告から

福島第一原発事故から4ヶ月。今、福島県や関東全域で、体調の異変を訴える人が増えている。鼻血や下痢、倦怠感ー。OurPlanetTVに寄せられた550件の異変報告を集計すると、子どもに限らず幅広い年代で、普段は見られない症状が出ていることが明らかとなった。
 

放射能で広がる異変~子どもたちに何が起きているか

Video preview image

福島第一原発事故から4ヶ月。今、福島県や関東全域で、体調の異変を訴える人が増えている。鼻血や下痢、倦怠感ー。OurPlanetTVに寄せられた500件の異変報告を集計すると、子どもに限らず幅広い年代で、普段は見られない症状をでていることが明らかになった。

内部被ばくを心配する子育て家庭に朗報〜西日本野菜ネット販売

放射性物質に汚染された食物による内部被ばくの懸念が高まる中、有機野菜の宅配サービス会社が、6月9日から、西日本産の野菜のみを集めた宅配野菜セットを販売する。
 

内部被ばく予防リーフレット〜NPOが作成〜

平和問題に取り組んでいる若者中心のNPO法人「セイピースプロジェクト」が内部被ばくに関する基礎知識をまとめたリーフレットを完成した。
 

グリーンピース調査~直売所野菜から基準値上回る放射線

国際的な環境NGO「グリーンピース」は11日、外国人特派員協会で記者会見を開き、独自の放射線調査の結果を発表した。同団体は、今回の調査結果を受け、政府に対し、高い放射線に汚染されている地域の住民へ避難指示を出すよう要請した。同団体が調査を行ったのは、今回で2回目。