TOP

福島原発関連情報

「国連科学委は解体すべき」〜被曝リスクめぐりWHO元顧問

Video preview image

(同時通訳つき•音声はRオリジナル、L日本語 、ヘッドホンをお使いください。)
 

福島県民健康調査「第4回甲状腺検査評価部会」

甲状腺検査評価部会

記者会見

 
「県民健康調査」検討委員会 第4回「甲状腺検査評価部会」
 

放射性廃棄物の最終処分場〜国と地元で平行線

Video preview image

東京電力福島第一原子力事故に伴う除染で発生した放射性物質のうち、1キログラムあたり8000ベクレルを超える「指定廃棄物」。

政府に解除反対の署名提出〜南相馬・避難勧奨地点

Video preview image

東京電力福島第1原発事故に伴う南相馬市の特定避難勧奨地点の住民らでつくる南相馬特定避難勧奨地点地区災害対策協議会と南相馬避難勧奨地域の会の2団体は4日、指定解除に反対する署名1210人分を政府の原子力災害対策本部に提出した。
 

住宅支援と健康調査の政府交渉~子ども被災者支援法

政府交渉

 
シンポジウム前半

シンポジウム後半

「8.17政府広報」に異議あり!シンポ


 
2014年8月17日付けの新聞に掲載された「放射線についての正しい知識を」と題する政府広報に抗議して9月15日、市民らがシンポジウムを開催した。
 

「東日本壊滅」イメージした〜政府が吉田調書公開

政府は11日、東京電力福島第一原発事故を調べた政府事故調査・検証委員会が聴取した772人分の調書のうち、吉田昌郎元所長(故人)や菅直人総理大臣(当時)など19人の調書を公開した。

放射性プルーム、2度にわたり広く拡散~新データで裏付け

 
 
東京電力福島第一原発事故で放出された放射性プルーム(放射性雲)をめぐり、2度にわたって関東・東北地方に広く拡散していった様子が、各地に設置されていた大気汚染の測定局で採取した試料を解析した結果、改めて確認された。
 

日本とチェルノブイリの汚染を比較〜国連科学委員会の評価

環境省が設置している「東京電力福島第一原子力発電所事故に伴う住民の健康管理のあり方に関する専門家会議」において健康リスク評価が妥当だとされている「国連科学委員会(UNSCEAR)」報告書について、2008年のチェルノブイリ原発事故報告書にある被ばく線量評価と比較した。