TOP

福島原発関連情報

子どもをの安全基準〜撤回を求め署名開始

政府が、子どもの放射能の安全基準を年間20ミリシーベルトに設定していることに関し、原子力資料情報室やグリーンピースジャパンなど6団体は22日、「子どもに20ミリシーベルトを強要するのは非人道的だとして、緊急声明を公表し、賛同署名を開始した。
 

「脱原発」自然エネルギー財団を設立へ~孫正義氏会見

ソフトバンク代表取締役社長の孫正義氏は、2011年4月22日夜、自由報道協会の主催で行われた会見で、原発から自然エネルギーへの転換を訴え、私財で約10億円を投じ­、太陽光や地熱、風力発電など自然エネルギーの利用について政策提言する「自然エネルギー財団」の設立について説明した。

子どもの安全基準、根拠不透明~市民の追及で明らかに

福島老朽原発を考える会をはじめ3団体の呼びかけで21日、文部科学省が児童の放射線許容量を年間20ミリシーベルトとする安全基準を出したことに関して、その数値を撤回するよう交渉を行った。

母乳から放射性ヨウ素検出~市民団体が記者会見

市民団体「母乳調査・母子支援ネットワーク」は4月21日、厚生労働省で記者会見をし、独自に母乳を民間放射線測定会社に送り分析した結果、茨城県3名、千葉県1名のお母­さんの母乳から放射性ヨウ素131が検出されたと発表。

原発事故の補償はどうなる?~第1回会合開催

政府は15日、「原子力損害賠償紛争審査会」の初会合を開催し、福島第一原発の事故による損害賠償の範囲を決める議論に入った。

福島原発10基廃炉に~署名2万8000筆を提出~

Video preview image

福島原発の「廃炉」を求める有志の会は14日、東京電力と菅総理宛てに福島第一原発6基と第2原発にある4基の計10基の廃炉を求める署名を提出した。
 

城南信用金庫が脱原発宣言!~理事長インタビュー

Video preview image

城南信用金庫は8日、自社のホームペーに「原発に頼らない安全な社会へ」というメッセージを掲載。金融機関が「脱原発宣言」ともとれるメッセージを発信したことが、インターネット上で大きな話題となっている。吉原毅理事長が、メッセージを発信した背景を語った。
 

24時間東電に貼り付くチーム岩上~記者会見の舞台裏

Video preview image

4月13日、ようやく東京電力の清水正孝社長が記者会見に臨んだ。清水社長が公式な記者会見場に顔を見せたのは、福島を訪問した際にぶら下がりインタビューに応じた以外は 、計画停電を発表した3月13日のみ。1ヶ月ぶりに大勢の記者の前に顔を見せたことになる。
 

緊急シンポジウム 「原発事故とメディア」

東日本大震災から1ヵ月を経て、なお予断を許さない状態が続く福島第一原子力発電所。

デモカルチャーへ注目集まる

3月10日に高円寺で行われた反原発デモに、全く未組織の一般市民15000人が参加したことをきっかけに、デモへの注目が集まっている。