TOP

五輪に向けホームレス強制排除へ〜新国立競技場建設問題

投稿者: ourplanet 投稿日時: 木, 03/24/2016 - 21:30


 
新国立競技場建設の遅れに焦りを感じている日本スポーツ振興センター(JSC)が、3月中の「準備工事」着工を目指して、ホームレスの強制排除に乗り出した。裁判所の判断によっては31日にも、強制排除が可能となる。
 
JSCは14日、工事予定地である明治公園内で暮らすホームレスに対して、土地の明け渡し求める仮処分申請を東京地方裁判所に申し立てた。24日には、第1回目の審尋が開かれ、東京地裁は来週31日にも結論を出す見通しだ。
 
明治公園はもともと行政の公共財産だが、東京都が、法的には民間企業にあたるJSCに無償貸与したため、裁判は民民同士の係争として処理される。裁判所がJSCの申し立てを認める処分を下せば、JSCは同日中に、ホームレスの強制排除が可能となる。
 
JSCはなぜホームレス排除を急ぐのか?
JSCがホームレスの排除を目指している明治公園は、新国立競技場の建設予定地からは外れている。しかし、新たな国立競技場が、これまでの競技場よりも大規模となるため、下水道の付け替え工事などが必要となっている。明治公園はそのための工事予定地にあたっている。
 
   現在の国立競技場・明治公園周辺       新国立競技場の完成予定図
 
 
新国立競技場の本体工事は今年12月に着工予定だが、その前に、周辺の「準備工事」を終わらせなければならない。JSCの計画では、「準備工事」は3月中に着工する必要があるとしている。JSCは、今回の仮処分の理由について「ホームレスの不法占拠である。土地を明け渡せ。オリンピックの開催自体が危ぶまれる状況にある。」と主張する。
 
現在、明治公園にテントを張り、生活しているホームレスは3人。東京五輪の開催地が決定した2013年以降、東京都から立ち退きを求められていた。ホームレスや支援者らは話し合いで解決するように求めていた。しかし、今年1月27日、明治公園が東京都からJSCへ無償貸与されると、JSCは予告なく公園の出入り口を封鎖。電気や水道なども停止した。
 
その後、支援者は、JSCを繰り返し訪問し、話し合いで解決するように申し入れを続けてきたが、3月2日、突如支援者の一人が逮捕された。逮捕容疑は、1月27日の午前8時すぎに、JSCの職員にバリケードを投げつけたことによる公務執行妨害と傷害。容疑事実から逮捕までの約1ヶ月間あまり、この支援者は何度もJSCの職員と面会を重ねていたが、同容疑について、JSCから指摘されたことはなかったという。
 
支援者は20日間の勾留を経て、今月22日に処分保留で釈放された。一方、JSCは14日に、土地の明け渡しを求めて東京地裁への仮処分を申し立てた。
 

 
聖火台の設置場所など、新国立競技場をめぐっては、深刻な問題を抱えるJSC。ザハ・ハディド氏が監修した計画が建築費用の高さを理由に、去年7月に政府が白紙撤回を決定。11月に再びコンペを行い、「工期短縮」を理由に、建築家の隈研吾氏らと大成建設の計画案に決定した。
 
しかし、当初から比べると完成時期が2018年度中から、2019年11月と大幅に遅れている。JSCが裁判所に提出した仮処分の申立書によると、現在、JSCが示している工事予定は以下のとおり。
 
<準備工事 必要期間:9ヶ月>
3月22日〜迂回路・歩道囲い撤去
3月25日〜樹木移植・伐採
4月1日〜 明治公園内の工作物(ホームレスらのテントなど)撤去
      旧道路埋設インフラ撤去
5月2日〜 旧下水道とりこわし
6月1日〜 明治公園橋とりこわし
<仮設準備工事 必要期間:2ヶ月>
10月1日〜11月30日
<本体工事 必要期間:36ヶ月>
2016年12月1日までに 着工
2019年11月30日竣工・引き渡し
<開催準備期間:8ヶ月>
2019年12月1日〜7月24日
<五輪開催>
2020年7月24日 開会式
2020年8月9日
 
この時期に工事を開始しなければならない理由としてJSCは、樹木を移植しないと樹木が荒れてしまうことや、樹木移植のため最低15メートル四方の作業スペースが必要であるとしている。
 

工程計画(c)大成建設・梓設計・隈研吾建築都市設計事務所JV/JSC
 
【OurPlanetTV番組制作支援のお願い】
この番組は会員のみなさまからの会費や、視聴者のみなさまからの寄付・カンパを基金に制作しています。より多様な視点から情報発信ができるよう、ぜひ制作費のご支援をお願いいたします。詳しくはこちらをご覧ください。





【会員として継続的なご支援をお願いします】
OurPlanet-TVは独立性を重視した運営をしています。活動に関わる費用はすべて、応援してくださる個人の寄付や活動に賛同する会員からの会費によって支えられています。継続的にサポートしていただける方はぜひ賛助会員にご登録ください。詳しくはこちらをご覧ください。