TOP

豊洲市場が開場〜2年延期も課題山積

投稿者: ourplanet 投稿日時: 木, 10/11/2018 - 04:45


 
東京・江東区の豊洲市場が11日午前0時に開場した。安全性への懸念などを理由に、小池百合子知事が移転延期を表明したため、当初予定より約2年遅れとなる。新市場での初競りでは勢いのよい声が飛び交い、活気に溢れる一方、周辺の道路は早朝から渋滞し、買い出し人や運送会社などからは怒りの声がもれた。
 
車が全く動かない!
まだ夜闇に包まれた豊洲市場。マグロのセリが始まる前の午前4時、周辺道路は渋滞で車が動かなくなった。OurPlanetTVのクルーもプレスの受付になかなか着けず、車から降りて歩いて市場へ。水産仲卸売場棟への出入り口は1箇所。しかも道幅が狭いため交通は麻痺。渋滞に巻き込まれて、プレス受付時間に大幅に遅刻するメディアもあった。
 
豊洲市場の開場取材に集まったメディアは46媒体約150人。このため、メディアがぞろぞろと市場を横断して取材することに。マグロのセリは抽選で撮影場所に案内される。OurPlanetTVは比較的遅い時間に到着したものの、くじ運がよく11番。
 

 
蒸し暑い!
午前5時すぎ。一度は移転の延期を決めた小池百合子知事が到着し、水産卸売場棟の開場記念セレモニーではじめての挨拶をした。小池知事は「わずか4日での築地から新市場への移転。胸が暑くなる思いがしました。これで、豊洲市場に魂が入れらます。」と力を込め、「なかなか慣れない。使い勝手がまだわからないという声もありますが、東京の中核的な市場として育てていく」と不十分な施設への批判を牽制した。
 
威勢のいい一本締めのあと、いよいよ移転後初の生マグロのセリが始まった。競り人が鐘を鳴らすと、威勢のいい声が響き、次々とまぐろが競り落とされていく。施設の管理温度は25度だが、卸業界の団体が独自に天井にファンを設置し、鮮度を保つために15度くらいまで下げている。
 

 
問題は湿度。かつての築地市場は屋根も壁もない開放式だったが、今度の豊洲市場は厚いコンクリートで覆われた閉鎖式。このため通気が悪く、湿度は70パーセントを超える。マグロや魚にカビでも生えたら大変だと不安の声もあがる。準備段階で、除湿機を整備したが、効果があがっているとは言えない。
 
撮影場所に指定された「マグロ卸売場見学デッキ」もガラス全体が結露し、せりの様子が見えない。仕方なく、撮影陣は高い脚立の上にたち、ガラスがないわずかな空間から撮影することに。とはいえ、50ものメディアが殺到しているため、撮影場所を確保できず、弾き出されるカメラマンも。脚立の合間からなんとか撮影しようと、ガラスをタオルや紙で拭く涙ぐましい様子も散見された。
 

  
仲卸業者と仕入れ客から不満噴出
6時半。今度は青果棟でせりが始まった。築地の1.7倍の広さとなった豊洲市場の青果棟の中央部には、本格的な厨房を備えた「フレッシュラボ」を整備。今後は産地の食品を商品をその場で調理し試食できるようなPRの場とする。開会セレモニーで小池知事は青森産のりんごを試食。初せりを見学した。松茸には1箱30万円という高値がつき、ご祝儀相場に沸いた。
  
一方、仲卸棟ではあちこちから不満の声が漏れた。平屋構造だった築地市場と異なり、水産卸、水産仲卸、青果の3棟がそれぞれ独立した建物に入居している。導線の複雑さに混乱する業者の姿や、商品を運ぶ小型運搬車ターレがバッテリー切れで立ち往生する場面も。仲卸業者が並ぶ1階から、仕入れ業者の車が並ぶ4階まで、坂道を走るために、これまでより、充電が切れやすいという。充電を行える電源も少ないため、頻繁に充電することができない。
  

 
交通マヒで商品が届かない!
午前7時半。4階の駐車場では悲鳴があがっていた。渋滞の列が続き、車が30分以上止まったままだという。水産仲卸業売場棟の駐車場の出入り口は1箇所。しかも、豊洲市場から晴海埠頭をへて、築地、銀座方面に向かう晴海通りが渋滞で完全に麻痺し、帰れなくなっていた。館内では、晴海通りを使用しないよう呼びかける放送が鳴り響くが、効果は薄い。
 
車から降りて様子見をしていた運送業者は嘆く。「出入り口が1箇所だもん。予想していたよ。なんでこんな設計になってるんだ。これじゃ間に合わない。みんな首だよ」すでに30分以上、4階から降りることができず、配送先まで間に合わない可能性が高いという。イライラが止まらないのか、おもむろにタバコを取り出し、吸い出した。「あんな急な坂道、冬に雪が振ったらどうするんだろうね。凍って上がれないよ。誰か対策考えてるの?」と不信感を抱く。
 
渋滞の緩和策として、東京都は午前7時、工事中の環状2号線の一部をの開通を決断。市場関係者に限って利用できるようにしたため、多くのトラックが2号線を行き交った。
 

 
「水がない鮮魚市場は異常」〜衛生面に不安
仲卸業者の仕事が落ち着く時間。築地市場では見られなかった、不思議な動きが見られた。排水口がつまるため、金網をどけて側溝を掃除する姿だ。鮮魚を扱う仲卸業者は、衛生を保つために、大量に水を使いながら魚をさばき、小売業者に販売する。その排水が、排水溝につまると、異臭を放ったり、腐敗するからだ。
 
「1日に2〜3度は必要」「あっちでは排水溝から変な匂いの水が吹き出していた。大丈夫なのかね」と衛生面での不安が隠せない。
 

 
さらに問題なのは、4階の駐車場に水が通っていないことだという。仲卸業者から小売業者に販売された鮮魚類は、4階の駐車場で車に搬入する。この際、魚介を運ぶ発砲スチロール箱から水が漏れるが、駐車場には水場がほとんどないため、床を掃除することができない。数日経てば、異臭を放つのではないかと不安の声があがる。
 
築地市場で営業店舗
都は即座に築地市場の解体工事に着手したが、仲卸業者の間には、帰れれば帰りたいという声も根強い。築地での営業権を主張する仲卸業者などが11日も、築地市場の入り口を突破し、築地市場内で1店舗が営業を行なった。12日も築地で数店舗が営業を行う予定だ。
 
【関連動画】
「残念。やりきれない」〜築地閉場に女将さんたち(2018年10月7日)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/2314
農水省に移転延期勧告を要請〜築地市場関係者(2018年10月3日)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/2313
築地は「ひとの町」~本橋成一さんインタビュー(2017年11月7日)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/2180
 



【OurPlanetTV番組制作支援のお願い】
この番組は会員のみなさまからの会費や、視聴者のみなさまからの寄付・カンパを基金に制作しています。より多様な視点から情報発信ができるよう、ぜひ制作費のご支援をお願いいたします。詳しくはこちらをご覧ください。


【会員として継続的なご支援をお願いします】
OurPlanet-TVは独立性を重視した運営をしています。活動に関わる費用はすべて、応援してくださる個人の寄付や活動に賛同する会員からの会費によって支えられています。継続的にサポートしていただける方はぜひ賛助会員にご登録ください。詳しくはこちらをご覧ください。