TOP

原発事故の防護基準、日本語で意見募集へ〜ICRP

投稿者: ourplanet 投稿日時: 金, 09/06/2019 - 02:40

ICRPのパブコメのページ。複数の市民団体がパブコメの送り方を説明する学習会を開催している。



大規模原発事故時の新たな防護基準勧告案を公開し、パブリックコメントを募集している国際放射線防護委員会(ICRP)が4日、日本の市民団体などの要望を受けて、日本語でも意見募集を始めた。ホームページを通じて投稿できる。ICRPは、放射線防護に関する勧告を行う民間の国際的な学術組織で、同組織の勧告は日本を含め多くの国で法制度に反映される。

今回、日本語でのパブコメを募集したのは、大規模な原子力事故時が発生した際の放射線防護基準に関する勧告案で、福島原発事故の教訓を受けて策定されたもの。当初は、英文でしかパブリックコメントを受け付けていなかったが、市民団体が反発。日本語による全文訳や、意見の受け付け、国内での公聴会の開催を求めていた。


投稿画面(クリックすると画像が拡大し、入力方法を確認することができます

今回の勧告は、緊急時には「20ミリから100ミリ」、回復期には「年間1ミリから20ミリのなるべく下方」とされていた放射性防護の目安をそれぞれ「100ミリ」と「10ミリ」に修正したもの。英文の報告書は92ページにわたり、全文の日本語訳の公開は予定されていない。このため市民団体は共同で翻訳をすすめており、近日、公開するとしている。

ホームページを通じての公式なパブリックコメントの締め切りは今月20日。このほか、来月10月25日に東京千代田区にある主婦会館で、この報告書に関する<シンポジウムが予定されており、日本語のパブコメはこの日まで受け付けるという。

「大規模原子力事故時の人と環境の放射線防護」草案
草案全文(英語版)こちら
パブコメの募集ページ(英語・日本語入力可能)こちら

ICRP委員による主要部分仮訳こちら
草案の勧告全文(日本語仮訳)こちら
付属書A・チェルノブイリ(日本語仮訳)こちら
付属書B・フクシマ(日本語仮訳)こちら

10月25日のシンポジウム案内(日本語)こちら


関連記事
「放射線だけが敵ではない」〜ICRP委員が勧告案を解説(2019年9月2日)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/2430
ICRP新勧告「被災者を守れない」〜市民団体が批判(2019年8月25日)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/2426
子どもに年10MSvの被曝容認?〜放射線新基準でヒヤリング(2019年8月22日)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/2425
放射能嫌いは「認知バイアス」原子力規制委員がメール(2019年8月21日)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/2424
原発事故後の防護基準10ミリに緩和へ〜ICRP(2019年7月25日)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/2415


すべての番組は視聴者のみなさまからの寄付を基金に制作しています

OurPlanet-TVは非営利の独立メディアです。活動に関わる費用はすべて、会員の
みなさまからの会費や、視聴者のみなさまからの寄付によって支えられています。
世界を見つめる視点を豊かにする―。 OurPlanet-TVは独立メディアとして「小さな声」を伝え続けます。 あなたもスポンサーとして、活動に参加してください。 継続的にサポートしていただける方はぜひ賛助会員にご登録ください。   ※OurPlanet-TVは日本では非常に珍しい、認定NPO法人によるメディアです。
寄付・会費は税額控除の対象となります。詳しくはこちらをご確認ください。