TOP

「五輪は中止だ」新国立競技場周辺でデモ

投稿者: ourplanet 投稿日時: 土, 07/25/2020 - 18:00


 

「五輪は延期でなく中止だ」「命を守れ」

東京五輪の開会式が予定されていた7月24日、五輪開催に反対する市民らが、東京都渋谷区の国立競技場周辺でデモ行進を行なった。

呼びかけたのは、招致時から東京五輪に反対していた市民グループ「『オリンピック災害』おことわり連絡会」。この日は約80人が集まり「東京五輪は返上」「オリンピック終息宣言」などと書かれた横断幕を掲げ、国立競技場の周辺を練り歩いた。


新国立競技場前

目についたのは参加者の2倍ほどの警察官。参加者と全く距離をあけずにずらりと並び、警備に当たっていた。一方、デモ参加者は、新型コロナウィルス感染防止のため一人ひとりが距離を取り、ゆっくりと行進。すると、先導車の警察官がマイクを使って「直ちに前に進みなさい」などと大きな声で警告した。参加者からは「警察が密着していて感染が怖い」「監視社会はいやだ」との声がもれた。

車道側を警察官、歩道側を私服警察がずらりと並んだ


デモを呼びかけた宮崎俊郎さんは「即時に中止の決断をすべきだ。3兆円以上の開催経費をコロナで貧しい人たち、苦しい人たちに対して使って欲しい」と訴えた。




国立競技場の周辺では同じ時間、他のグループも五輪反対デモを行ったが、警察官が参加者をビデオ撮影する侵害行為が起きたため、市民が撮影の中止を求めて抗議。いったんは従ったものの、警察は撮影を再開。さらに、デモを中止させる異例の事態にとなった。


写真左、警察がデモを中止させている様子

五輪予算の中で、最も大きな割合を占めているのが警備予算だ。こうした事情と関係があるのか、警察は五輪反対デモに対して過剰な監視や警備を行う傾向にある。この日も、デモ参加者より多い警察官が市民を囲む物々しい雰囲気となった。

すべての番組は視聴者のみなさまからの寄付を基金に制作しています

OurPlanet-TVは非営利の独立メディアです。活動に関わる費用はすべて、会員の
みなさまからの会費や、視聴者のみなさまからの寄付によって支えられています。
世界を見つめる視点を豊かにする―。 OurPlanet-TVは独立メディアとして「小さな声」を伝え続けます。 あなたもスポンサーとして、活動に参加してください。 継続的にサポートしていただける方はぜひ賛助会員にご登録ください。

  ※OurPlanet-TVは日本では非常に珍しい、認定NPO法人によるメディアです。
寄付・会費は税額控除の対象となります。詳しくはこちらをご確認ください。