TOP

大阪市「こどもの家」を守れ!〜橋下行革プランで危機

投稿者: ourplanet 投稿日時: 木, 06/07/2012 - 10:00
Get the latest Flash Player to see this video.

橋下徹大阪市長は5月11日、3年間で488億円もの予算をカットする「市政改革プラン」の素案を発表した。見直しや廃止対象となった事業は100以上にのぼり、教育分野や福祉分野など多岐にわたる。
 
「子どもの家」もその一つ。補助金をカットされ、学童保育に移行する計画だ。事業存続の危機を前に、職員はもちろん、利用する保護者や地域は反対運動を開始。大規模な署名活動を展開し、5月29日までに2万6985筆の署名を集め、大阪市会議長宛に提出した。
 
1989年にスタートした「子どもの家」事業は、大阪市独自の事業だ。利用可能な対象は0歳~18歳と幅広く、親が留守がちだったり、病気を抱えている家庭など様々な背景の子どもたちが通っている。また、学童保育の利用料が月2万円(大阪市)なのに対し、「子どもの家」は無料(活動の実費のみ)。現在、「子どもの家」は市内28ヶ所にあり、2000人が利用している。学童保育では代替できない機能があると、地域の人びとは語る。
 
大胆な行革を目指す大阪市。その足元で何が起きているのか。西成区の通称「釜ヶ崎」と呼ばれる日雇い労働者の街にある「こどもの里」に焦点を当てる。
 
ゲスト:北村年子さん(ノンフィクション作家)
聞き手:白石草(OurPlanetTV)
 
◆関連リンク
こどもの里
http://www.k5.dion.ne.jp/~sato
「子どもの家」事業存続についての署名(締切:6月30日)
http://www.k5.dion.ne.jp/~sato/iejigyou.html
 
◆北村年子さん書籍
      
(太郎次郎社エディタス)  (赤ちゃんとママ社)6月4日発売
 
◆参考資料
教材用DVD「ホームレス」と出会う子どもたち
 
ホームレス問題の授業づくり全国ネット
http://class-homeless.sakura.ne.jp/
 



【OurPlanetTV番組制作支援のお願い】
この番組は会員のみなさまからの会費や、視聴者のみなさまからの寄付・カンパを基金に制作しています。より多様な視点から情報発信ができるよう、ぜひ制作費のご支援をお願いいたします。詳しくはこちらをご覧ください。