TOP

News

東電株主ら、経営陣に代表訴訟も~賠償額5兆5045億円

Video preview image

福島第1原子力発電所の事故を巡り、「脱原発・東電株主運動」のメンバー42人が、11月14日、東京電力の監査役全員に、現取締役及び歴代取締役61人に対し、損害賠償請求訴訟を提起するよう提訴請求書を送付したと記者会見で明らかにした。
  

福島原発で働いているのは誰か?~作業員Tさんインタビュー(後半)

Video preview image

このインタビュー収録を行った10月6日、福島第一原発で働く作業員の方が亡くなったというニュースが流れた(事故後3人目)。 福島原発作業員の多くは、地元の福島出身・在住者である。そして事故後は被災者となって自宅や家族を失った人も多い。
 

福島原発の下請け構造とは?~作業員Tさんインタビュー(前半)

Video preview image

福島第一原発では事故後、毎日2000人~3000人程度の作業員が働いている。東京電力社員の割合は極めて低く、その多くは東電の関連企業や下請け会社に所属している人たちだ。
 

渡利の子どもの避難を求め、政府交渉

高い放射線量が測定されている福島市の渡地地区の住民30人が上京し、10月28日、渡利地区全世帯の詳細調査を再度実施することや、妊婦と子どもの避難などを求め政府と交渉を行った。
 

 

「子どもの疎開」求め、郡山でデモ

Video preview image

福島県郡山市の小中学校に通う子ども14人が、市を相手に起こしている「福島集団疎開裁判」の原告団の呼びかけで、10月15日、安全な場所での教育などを求め、郡山市で集会とデモが行われ、約500人が参加した。
 

福島市渡利の土壌〜一部チェルノブイリ特別規制ゾーンと同レベル

国際環境NGO FoEジャパンと福島老朽原発を考える会は5日、都内で記者会見し、東京電力福島第1原発事故の影響で、福島市渡利地区の土壌を調査した結果、最大で1キログラムあたり30万ベクレルを超える高濃度の放射性セシウムを検出したと発表した。
 

難民申請者らがデモ~スリランカ人などが参加

Video preview image

難民申請者や支援者らは、9月28日、東京・品川でデモ行進を行い、難民申請者らに対する東京入国管理局の対応は非人道的であると訴え、改善を求めた。
 

避難は早い者勝ち?~自主避難者へ賠償を求め集会

東京電力福島第1原発事故のため自主避難した人へ対し、時期を区切らずに、きちんど賠償するよう求める集会が3日、都内で開かれ、200人が参加した。