TOP

福島原発関連情報

甲状腺検査見直しを提言〜山下俊一氏ら専門家

9月27日と28日の2日間にかけて開催された甲状腺課題に関する国際専門家会議 「福島における甲状腺課題の解決に向けて〜チェルノブイリ 30 周年の教訓を福島原発事故 5 年に活かす」の出席者が取りまとめた提言書を、主催した日本財団が9日、福島県の内堀雅雄知事に提出した。
 

奪われた豊かな暮らし〜栃木県・那須高原


 
北海道に次ぐ酪農の産地で、有数の観光地・栃木県北部の那須高原。
しかし、原発事故により、この地にも大量の放射性物質が降り注ぎました。
 
これまで通りに生活してよいのか?

「甲状腺検査の拡充」求め県に要望書~家族会

Video preview image

東京電力福島第一原発事故後の県民健康調査で甲状腺がんと診断された子どもたちの保護者などでつくる「311甲状腺がん家族の会」は23日、県と面会し、県知事宛ての要望書を提出した。同会は「甲状腺検査の縮小に向けた見直しの動きがある」ことを懸念。

事故時5歳児、甲状腺がん~悪性・悪性疑い172人

東京電力福島第一原発事故後、福島県が実施している「県民健康調査」の検討委員会が6日、開催され、事故当時5歳だった子どもにも甲状腺がんが見つかったことが分かった。

県民健康調査データ~県立医大の目的外利用、県把握せず

福島県が福島県立医大に対して事業を委託している「県民健康調査」をめぐり、福島県立医大は2012年(平成24年)の段階から、県から委託されている目的とは別の研究に、健診データを利用していることがわかった。OurPlanetTVが一部黒塗りの研究計画書を入手した。
 

県民健康調査データ 研究者へ提供へルールづくり

Video preview image

東京電力福島第1原発事故に伴う放射線の健康影響などを調べている福島県の「県民健康調査」をめぐり、福島県は31日、健診で収集したデータを外部研究者に提供する際のルールづくりを具議論する検討部会を設置した。4~5回会合を開き、年度内に方針をまとめる。