TOP

福島原発関連情報

住宅支援と健康調査の政府交渉~子ども被災者支援法

政府交渉

 
シンポジウム前半

シンポジウム後半

「8.17政府広報」に異議あり!シンポ


 
2014年8月17日付けの新聞に掲載された「放射線についての正しい知識を」と題する政府広報に抗議して9月15日、市民らがシンポジウムを開催した。
 

「東日本壊滅」イメージした〜政府が吉田調書公開

政府は11日、東京電力福島第一原発事故を調べた政府事故調査・検証委員会が聴取した772人分の調書のうち、吉田昌郎元所長(故人)や菅直人総理大臣(当時)など19人の調書を公開した。

日本とチェルノブイリの汚染を比較〜国連科学委員会の評価

環境省が設置している「東京電力福島第一原子力発電所事故に伴う住民の健康管理のあり方に関する専門家会議」において健康リスク評価が妥当だとされている「国連科学委員会(UNSCEAR)」報告書について、2008年のチェルノブイリ原発事故報告書にある被ばく線量評価と比較した。

「被ばくを強いられた」「避難したい」~親子86人が提訴

Video preview image

福島県に住み続けている子ども24人が29日、居住する自治体に対し、放射線量の低い安全な環境で教育を受ける権利を求め、福島地裁に提訴した。

福島県「甲状腺がん検査」めぐり激論〜環境省専門家会議

Video preview image

東京電力福島第一原発事故に伴う住民の健康調査に関する健康影響を検討している専門家会議で27日、福島県の県民健康調査検討委員会の座長らが参考人として意見を述べ、全面的な国の支援をあおいだ。また、環境省は「健康調査に関する論点整理」を提示。

傍聴者を恣意的に排除か〜被災者が環境省に抗議

Video preview image

(動画は2014年8月6日の会議中の様子)
 
福島原発事故に伴う住民の健康管理や医療支援を検討している専門家会議の運営に問題があるとして24日、千葉県などのホットスポットに暮らす住民らが井上環境副大臣あてに抗議の申し入れを行った。