TOP

福島原発関連情報

日本とチェルノブイリの汚染を比較〜国連科学委員会の評価

環境省が設置している「東京電力福島第一原子力発電所事故に伴う住民の健康管理のあり方に関する専門家会議」において健康リスク評価が妥当だとされている「国連科学委員会(UNSCEAR)」報告書について、2008年のチェルノブイリ原発事故報告書にある被ばく線量評価と比較した。

【ライブ配信】24日13時半〜福島県民健康調査検討会


 
第16回「県民健康調査」検討委員会を下記のとおり、インターネットにてライブ中継します。
 
日時:8月24日(日)13時30分 ~ 16時00分

ホットスポットの母親「座長解任」直訴〜環境省専門家会議

Video preview image

東京電力福島第一原発事故に伴う住民の健康調査に関する健康影響を検討している専門家会議で5日、傍聴者が浮島政務官に対し、長瀧重信座長の解任を求める要望書を提出した。また、次回には取りまとめる予定だった「中間とりまとめ(案)」のたたき台について委員から異論が続出。

東電元会長ら3人「起訴すべき」検察審査会

Video preview image

原発事故の刑事責任をとって欲しいー。
被害者の思いを汲み、検察審査会は31日、東京電力の勝俣元会長ら旧経営陣のうち3人について「起訴すべき」との議決を公表した。
 

科学報道から考える「チェルノブイリと福島原発事故」


 
高圧洗浄機による除染やガラスバッチによる線量管理ー。
今、福島で懸命に実施されているこれら放射能対策はチェルノブイリでも行われていました。
 

福島映像祭2014 上映作品決定!


 
震災から3年が経ち、原発事故に対する関心が急速に低下する中で、福島のおかれている現状を共有する「福島映像祭2014」。今回は劇場では全て初公開となる計12作品を厳選し一挙上映します。
 

参考人「健康調査や線量評価の抜本見直しを」環境省会議

Video preview image

福島第一原発事故に伴う住民の健康管理のあり方等について検討している専門家会議の第8回会合で16日、福島医師会の木田光一副会長をはじめ5人の参考人が意見を述べ、国の責任による健康診断の実施や線量評価の抜本的見直しなどを提言した。
 

【ライブ配信】帰還に向けた安全・安心対策に関する検討チーム


 
7月3日15時から原子力規制委員会の「帰還に向けた安全・安心対策に関する検討チーム」をライブ配信します。
 
日時:7月3日(木)15:00~17:00