TOP

福島原発関連情報

「甲状腺検査の拡充」求め県に要望書~家族会

Video preview image

東京電力福島第一原発事故後の県民健康調査で甲状腺がんと診断された子どもたちの保護者などでつくる「311甲状腺がん家族の会」は23日、県と面会し、県知事宛ての要望書を提出した。同会は「甲状腺検査の縮小に向けた見直しの動きがある」ことを懸念。

事故時5歳児、甲状腺がん~悪性・悪性疑い172人

東京電力福島第一原発事故後、福島県が実施している「県民健康調査」の検討委員会が6日、開催され、事故当時5歳だった子どもにも甲状腺がんが見つかったことが分かった。

県民健康調査データ~県立医大の目的外利用、県把握せず

福島県が福島県立医大に対して事業を委託している「県民健康調査」をめぐり、福島県立医大は2012年(平成24年)の段階から、県から委託されている目的とは別の研究に、健診データを利用していることがわかった。OurPlanetTVが一部黒塗りの研究計画書を入手した。
 

県民健康調査データ 研究者へ提供へルールづくり

Video preview image

東京電力福島第1原発事故に伴う放射線の健康影響などを調べている福島県の「県民健康調査」をめぐり、福島県は31日、健診で収集したデータを外部研究者に提供する際のルールづくりを具議論する検討部会を設置した。4~5回会合を開き、年度内に方針をまとめる。
 

子どもたちを守りたい〜県境を超えてつながる母親たち

Video preview image

東京電力福島第一原発事故から5年ー。

【DVD予約開始!】「飯舘村 わたしの記録」3/25(金)発売!



ドキュメンタリー映画「飯舘村 わたしの記録」 DVD予約開始!

★DVDご注文予約はこちらから→DVD予約ページ

甲状腺がん「信頼性高いリスクの推定を」〜国際環境疫学会が忠告

国際環境疫学会(ISEE)は1月22日、日本政府に対して書簡を送り、福島県民健康調査の甲状腺検査について、「福島県民における甲状腺がんのリスク増加は、想定よりはるかに大きい」と懸念を表明し、