TOP

「こども食堂」全国に輪〜子どもの貧困化が進む中

投稿者: ourplanet 投稿日時: 木, 01/07/2016 - 09:45


 
「今日のご飯はコンビニ弁当…」
そんな環境に置かれた子どもたちが気軽に入り、ワイワイご飯を食べれるようにと全国で広がっている「子ども食堂」。その経験を共有しようと11日、都内で「こども食堂サミット」が開催された。
 
「こども食堂サミット」が開催されるのは、去年に続き、今年で2回目。「こども食堂」の先駆け、東京豊島区のNPO法人「豊島子どもWAKUWAKUネットワーク」と、全国の「こども食堂」をつなぐために去年結成された「こども食堂ネットワーク」が主催し、250人が参加した。
 
イベントではまず、大阪西成区で子どもの養護活動を実施しているNPO法人「こどもの里」の荘保共子さんが基調講演を行い、学校に通っていない子どもや戸籍のない子どもたちとの関わりなど、39年間の経験を話した。荘保さんは、社会的貧困とは、経済的な貧困だけなく、関係性の貧困や時間の貧困、遊びの貧困、人権の貧困、教育の貧困があると述べ、かつては可視化されていたものが、徐々に見えにくくなっていると指摘した。
 

 
第2部では、都内で「子ども食堂」をはじめた人たちが、それぞれの実践例を紹介。寺や学生、定食屋など、様々な立場の人が「子ども食堂」を立ち上げ、軌道に乗せている様子が報告された。また東京都練馬区にはすでに「子ども食堂」が6カ所あり、ネットワークを組んで、食材の融通をしあったり、区の市民農園の野菜を寄付してもらっている事例なども紹介された。
 
一方、より厳しい環境に置かれた子どもたちに来てもらうにはどうアプローチすれば良いのかという課題もあがった。日本では国内の経済格差が進み、現在、子ども6人に1人が貧困状態に置かれているとされている。
 

 
こども食堂ネットワーク
http://kodomoshokudou-network.com/
 
関連番組
大阪市「こどもの家」を守れ!〜橋下行革プランで危機
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1372
 
【OurPlanetTV番組制作支援のお願い】
この番組は会員のみなさまからの会費や、視聴者のみなさまからの寄付・カンパを基金に制作しています。より多様な視点から情報発信ができるよう、ぜひ制作費のご支援をお願いいたします。詳しくはこちらをご覧ください。





【会員として継続的なご支援をお願いします】
OurPlanet-TVは独立性を重視した運営をしています。活動に関わる費用はすべて、応援してくださる個人の寄付や活動に賛同する会員からの会費によって支えられています。継続的にサポートしていただける方はぜひ賛助会員にご登録ください。詳しくはこちらをご覧ください。