TOP

生活保護切り下げ方針に抗議の声

投稿者: ourplanet 投稿日時: 木, 12/14/2017 - 07:33


 
生活保護費の見直しをめぐり、厚生労働省の専門家部会は14日、生活保護を受給している世帯のうち、都市部に子どもが2人いる世帯や65歳の単身世帯などの生活費が、一般の低所得世帯を上回ったとする報告書をまとめた。厚労省は報告書を受けて、今月中に生活保費用の金額を引き下げる方針だ。これに対し、支援団体のメンバーらが、厚生労働省前で抗議の声を上げた。
 
抗議を呼びかけたのは、生活保護の引き下げは不当だとして、2013年以降、当事者を原告とした裁判を全国29都道府県でおこしている「いのちのとりで裁判全国アクション」のメンバーら。原告となっている30代の女性も駆けつけ、「生活保護費が引き下げられればずっと家に引きこもり、買出しと病院に行くだけの生活になってしまうかもしれません」と涙を浮かべた。
 
日本では、生活保護を利用できる生活水準でありながら、利用していない人が8割にのぼるとされ、国際的にも突出している。「いのちのとりで裁判全国アクション」の事務局の田川英信さんは、「厚労省は、当事者の生活実態をきちんと調べないまま、生活保護費を切り下げようとしている」と指摘。保護基準を下げるのではなく、むしろ低所得者の生活を支えることが重要だと訴えた。
 
関連サイト
いのちのとりで裁判全国アクション
http://inochinotoride.org/
 



【OurPlanetTV番組制作支援のお願い】
この番組は会員のみなさまからの会費や、視聴者のみなさまからの寄付・カンパを基金に制作しています。より多様な視点から情報発信ができるよう、ぜひ制作費のご支援をお願いいたします。詳しくはこちらをご覧ください。


【会員として継続的なご支援をお願いします】
OurPlanet-TVは独立性を重視した運営をしています。活動に関わる費用はすべて、応援してくださる個人の寄付や活動に賛同する会員からの会費によって支えられています。継続的にサポートしていただける方はぜひ賛助会員にご登録ください。詳しくはこちらをご覧ください。