TOP

続報~渋谷に野宿者を隔離する「ゲットー」出現

投稿者: ourplanet 投稿日時: 火, 02/23/2010 - 13:42
Get the latest Flash Player to see this video.

 渋谷区公園課は2月2日、宮下公園の駐輪場脇に「仮設住居」を設置した。野宿者を排除するために用意したもの。
 
 今回、公園下に設置されたのは、工事用フェンスで囲まれた「施設」。幅は約40メートルほどにわたり、14の「小部屋」に仕切られている。屋根は、選挙ポスターを貼る掲示板だ。1つあたりのスペースは2畳ほどで、高さは約2メートル。人が一人やっと入れるほどの広さである。
  
 公園で暮らす生活者が工事の様子を目撃。公園課の職員に「何をつくっているのか」たずねたところ回答はなかったという。作業は3日間にわたった。
 現在は、檻の「小屋」はブルーシートで覆われ、各々の「小屋」の扉に番号が書かれた紙が貼られている。宮下公園に住む生活者によると、公園課の職員は、生活者に対して、指定した番号の場所へ移動するよう指示したという。 
 
 渋谷区は去年8月、スポーツメーカーナイキ・ジャパンとネーミングライツ契約を締結。宮下公園をスポーツ公園に全面改修するために、9月から工事を始める予定だった。
 OurPlanet-TVの取材に対し、渋谷区は「この場所はあくまでもホームレスの皆さんの一時避難施設場所。どこに誰が入ってもらうかはこちらで決めている」と説明。ナイキとの間で頻繁に連絡をやりとりしている様子はなく、完成後の正式な図面も受け取っていないという。「工事をするのはナイキさん。工事説明会をするのもナイキさんだが、お知らせについては宮下公園内にも貼るつもり」「本来なら工事に入っているはずだから、早くやりたい」と話す。
 
 これまでに公園から「小屋」に移り住んだのは6名。しかし、公園にくらべて人通りが多いため、不安を訴える生活者もいる。また、まだ宮下公園で暮らす野宿者の1人は「アルミ缶を集めて生計を立てているひとは、アルミ缶の置く場所がないから暮らすのは無理だ」という。
 宮下公園の改修計画に反対する「宮下公園をナイキ公園化計画から守る会」は、今回の作業を重視。今回の小屋を「鳥カゴ」と呼び、渋谷区の人権感覚を疑問視している。
 
●宮下公園のナイキ化計画の背景を取材したドキュメンタリー
ドキュメンタリー「宮下公園~前編」
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/351
ドキュメンタリー「宮下公園~後編」
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/352

●動画ニュース
2010年9月25日配信
宮下公園代執行~マスコミが流した映像は代執行ではなかった!?
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/641
2010年9月16日配信
渋谷区が宮下公園を封鎖、野宿者を強制排除
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/632
2010年3月31日配信
宮下ナイキ公園の反対デモ~180名が参加
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/468
2010年3月30日配信
宮下公園にGreen Birdが来園
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/464
2010年3月20日配信
宮下公園問題~ナイキ原宿店前で「NO NIKEファッションショー」~
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/452
2010年3月16日配信
宮下公園アーティスト・イン・レジデンス2日目~公園封鎖は見送り
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/448
2010年3月15日配信
宮下公園封鎖が迫る中、始まったアーティスト・イン・レジデンス
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/447
2010年2月23日配信
続報~渋谷に野宿者を隔離する「ゲットー」出現
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/418
 
●ドキュメンタリー「宮下公園」から世界を見つめる~上映&スピーキングツアー2010~
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/412

「みんなの宮下公園をナイキ化計画から守る会」
http://minnanokouenn.blogspot.com
宮下公園アーティスト・イン・レジデンス
http://airmiyashitapark.info/wordpress



【OurPlanetTV番組制作支援のお願い】
この番組は会員のみなさまからの会費や、視聴者のみなさまからの寄付・カンパを基金に制作しています。より多様な視点から情報発信ができるよう、ぜひ制作費のご支援をお願いいたします。詳しくはこちらをご覧ください。