オリンピック
2015/12/22 - 22:07

新国立競技場、隈研吾さんらの案に決定

日本スポーツ振興センター(JSC)は22日、2020年東京オリンピック・パラリンピックのメーン会場となる新国立競技場について、建築家の隈研吾さんらと大成建設が提案していたA案を採用すると発表した。業務の実施方針や工期の短縮などの評価が高かった。

今回の選定にあたり、JSCは、建築家ら7人の専門家による技術審査委員会を開き、「業務の実施方針」「コスト・工期」「施設計画」などの9つの項目を980点満点で採点した。結果、A案が610点、B案が602点で、A案が僅差で採用された。

審査結果

B案は9つの項目のうち、維持管理費抑制やユニバーサルデザインなど5つの項目で、A案より高い得点をしたが、配点の高い「工期短縮」で、A案177点、B案150点と27点の差が出た。しかし、A案もB案も、完成時期を2019年11月30日としており、A案がなぜ優位なのか具体的な内容は明らかにされなかった。

一方、旧計画で高騰した事業費の削減は、210点満点に対し、A案が31点、B案は28点と極めて低い評価。選定されたA案の総工費は1489億円。施工を担当する大成建設の山内会長は、懸念される工事の人件費の高騰について、「国土交通省と一緒になって、外国人労働者の導入について積極的に対応していきたい」と述べた。

A案のイメージ図(日本スポーツ振興センター提供)

7月に撤回されたザハ氏の案でキールアーチと呼ばれる屋根が批判を受けたことを意識してか、建築家の隈さんは会見で、屋根がザハ案より高さを20メートル低く抑え、木材を使用している特徴を説明。「建物の形で突出するのではなく、周辺の森と融合した建築が日本らしさになる」と述べた。

新国立競技場の建設問題に取り組む市民グループ 「神宮外苑と国立競技場を未来へ手わたす会」は今回のを受け、23日、信濃町で緊急勉強会を開く。

関連サイト
JSC「新国立競技場整備事業 優先交渉権者の選定結果」
http://www.jpnsport.go.jp/newstadium/Tabid/497/Default.aspx



【OurPlanetTV番組制作支援のお願い】
この番組は会員のみなさまからの会費や、視聴者のみなさまからの寄付・カンパを基金に制作しています。より多様な視点から情報発信ができるよう、ぜひ制作費のご支援をお願いいたします。詳しくはこちらをご覧ください。



【会員として継続的なご支援をお願いします】
OurPlanet-TVは独立性を重視した運営をしています。活動に関わる費用はすべて、応援してくださる個人の寄付や活動に賛同する会員からの会費によって支えられています。継続的にサポートしていただける方はぜひ賛助会員にご登録ください。詳しくはこちらをご覧ください。

Standing Together, Creating the Future.

OurPlanet-TVは非営利の独立メディアです。視聴者の寄付を原動力に取材活動を展開しています。あなたもスポンサーとして、活動に参加してください。継続的に支援いただける方は会員にご登録ください。

※OurPlanet-TVは認定NPO法人です。寄付・会費は税額控除の対象となります。