オリンピック
2016/02/03 - 17:28

「飲料水なし」生活強いられる住民~新国立建設で立ち退き

「これ、飲めない水なんです。」

新国立競技場の建設工事に伴い、2月からの取り壊し工事が目前に迫っている都営霞ヶ丘アパート(新宿区)。東京都が立ち退き期限を定めていた1月30日を超えても、新居が決まっていない2世帯が生活を続けている。しかし、都はアパートで生活している住民が残っていることを知りながら、生活のインフラ整備を停止。現在、アパートの水は「飲料水に適さない」状態となっている。

このアパートで50年前から生活している60代の女性は、90代の母を介護するため、新居に移るのが難しい状況だ。女性によれば、立ち退き期限をむかえる前日の1月29日の午前、東京都の東京都都市整備局と、住宅供給公社、環境技研の担当者3名が訪れ、水道水の検査を行なった。

霞ヶ丘アパートでは、給水塔を使い各世帯に給水しているが、検査の結果、飲み水としての基準を満たさず、「飲み水として許可できない」と告げられたという。女性は、詳細な説明を都に求めているが、2月3日時点で、都からの返答はない。

飲料水がないという、ライフラインを絶たれた中での生活を強いられている高齢者世帯。女性は飲料水や料理のために、ペットボトルの水を買わざるを得なくなっている。

霞ヶ丘アパートが完成したのは1964年東京オリンピックの開催3年前となる1961年。90代の母親は、その前からこの町に暮らし、アパート完成とともに入居した。女性もこの町で育った。

普段、車椅子を利用している母親は現在、週に4回、新宿と渋谷区のデイサービスを利用している。母親は夜中に目覚めては、娘である女性を呼ぶため、深夜も目が離せない。二間続きの現在の間取りだからこそ、自宅で面倒を見ることができるという。

女性は母親の環境を変えないよう、今と同じデイサービスに通うことができる距離にあり、二間続きの部屋がある住居を求めているが、東京都の示した住居の中には、条件のあう物件がないのが実情だ。都の対応について「高齢者だから、犬猫のように追っ払う感じ。きちんと説明して欲しい。」と憤る。

かつては約300世帯が生活していた霞が丘アパートだが、大規模な新国立競技場の建設が決定したため、2012年に東京都が取り壊しを決定。若い世帯から順に転居を開始し、渋谷区や新宿区にある3つの都営アパートに移った。現在は、転居に納得できない高齢者2世帯が生活している。


写真:引っ越しを終えた居住者のごみが溜まる

東京都の計画では、2月中に同アパートの解体に着手し、来年から始まる新国立競技場の工事期間中は、建設車両の駐車場や資材置き場として使われる。2020年東京オリンピック大会期間中には、観客の「たまり場」として使われる予定だ。

この場所に、大規模な建築物が建設される予定はなく、五輪終了後は公園になる予定だ。「女性はこのアパートを解体しなくても五輪は開催できるのに」を主張する。しかし、都は、住民がこのまま転居しない場合、明け渡しを求める裁判を起す方針だ。

現在の霞ヶ丘アパート周辺周辺

新国立競技場建設予定地



【OurPlanetTV番組制作支援のお願い】
この番組は会員のみなさまからの会費や、視聴者のみなさまからの寄付・カンパを基金に制作しています。より多様な視点から情報発信ができるよう、ぜひ制作費のご支援をお願いいたします。詳しくはこちらをご覧ください。



【会員として継続的なご支援をお願いします】
OurPlanet-TVは独立性を重視した運営をしています。活動に関わる費用はすべて、応援してくださる個人の寄付や活動に賛同する会員からの会費によって支えられています。継続的にサポートしていただける方はぜひ賛助会員にご登録ください。詳しくはこちらをご覧ください。

Standing Together, Creating the Future.

OurPlanet-TVは非営利の独立メディアです。視聴者の寄付を原動力に取材活動を展開しています。あなたもスポンサーとして、活動に参加してください。継続的に支援いただける方は会員にご登録ください。

※OurPlanet-TVは認定NPO法人です。寄付・会費は税額控除の対象となります。