2022/05/31 - 08:50

同性婚裁判が結審 東京地裁で11月30日判決〜 婚姻の自由を訴え

同性婚を認めないのは憲法違反だとして全国5か所で裁判中の「結婚の自由をすべての人に」訴訟(同性婚裁判)のうち、東京一次訴訟が結審した。11月30日に判決が下る。

この裁判はLGBTQ当事者が、札幌・東京・名古屋・大阪・福岡の5カ所で、同性同士の結婚を認めるよう国に求めているのの。札幌地裁では2021年3月に、同性間の結婚を認めないことに対し意見判決が言い渡されている。

原告の大江千束さんは訴訟を始めてから職場での嫌がらせや大幅な降格処分を受けた。意見陳述では「国に対してこの訴訟をやっていることでこのようなあからさまな不利益な処分を受け、大変ショックを受けました。」と述べた。同じく意見陳述した原告の小野春さんは「最後に、もう一度心の中にある願いをこの場で言います。私たちは、家族になりたいです。ただそれだけなのです。」と強く訴えた。

原告代理人の上杉崇子弁護士は「社会の変動もあり、かつては同性愛者を”異常だ、変態だ”と言われていたけども、それが間違いだったと確認された現在において、結婚を同性愛者に認めないというのは憲法としてはありえない」と話した。原告の1人、西川麻美さんは「同性愛者やセクシュアルマイノリティを気持ち悪い、自分の周りにいてほしくないと言う人もいるかもしれない。だけども、そういう人たちの周りにもセクシュアルマイノリティはいるんです。それも仲の良い人がそうだったりするんです。」とし、身近に感じてほしいと訴えた。

6月20日には大阪地裁での判決を控えており、注目が集まっている。

Standing Together, Creating the Future.

OurPlanet-TVは非営利の独立メディアです。視聴者の寄付を原動力に取材活動を展開しています。あなたもスポンサーとして、活動に参加してください。継続的に支援いただける方は会員にご登録ください。

※OurPlanet-TVは認定NPO法人です。寄付・会費は税額控除の対象となります。